ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 筋トレセット間インターバルについての超重要な話

筋トレセット間インターバルについての超重要な話

  • 今回はセット間のインターバルの話をしていきます。

    僕の推奨する筋トレ間のインターバルは30~60秒です。

    これを聞いて短すぎじゃないかと思うかもしれません。

    「でも、これぐらいを目安にやって下さい。」


    はっきりいって、3分とかでは長すぎます。
    なぜなら筋トレ中はテストステロン(男性ホルモン)濃度が増加します。
    そして、それが筋肉成長を促進する効果があり、筋肥大に貢献します。

    しかし、インターバルをとればとるほど、このテストステロンの濃度が
    増加しないので筋肥大にはマイナスです。


    「でも、30~60秒のインターバルなら濃度がMAXとなります。」


    だから、筋肥大効果も期待できます。でも、多くの人が


    「短いインターバルでは筋トレがつらくなり
    挫折してしまうのでは?」



    といった不安はあると思います。
    だから、いきなり最初から30秒のインターバルでやれとは言いません。
    最初の頃は2~3分で行って、慣れてきたらどんどんインターバルを短く
    設定するようにしましょう。



    また、このインターバルに関しては

    自重トレ(腕立てなど)→マシン→フリーウエイト

    の順番で長くとってしまう傾向があります。

    「つまり、腕立ての時は30秒でOKだったけど、ベンチプレスの時は30秒ではきついので、3分インターバルが必要だ。」

    といった感じです。
    しかし、何度も言いますがこういった問題は「慣れ」によって解消できます。
    だから、どんどんトレーニングの場数を増やせと言うことです。

    ちなみに、僕はベンチプレスでさえもインターバルは「30秒」です。


    先日、ジムでベンチプレスをやっていた時のことです。
    僕はベンチプレスに関しては最後の2セットはインストラクターの人に
    「補助」を頼みます。
    つまり、潰れそうになったときにバーベルを支えてもらうのです。



    補助してもらうことによって、オールアウトができて超回復時に爆発的な
    筋肥大が期待できるからです。

    そして、大抵の人は最後の2~3セット補助してもらい、その間のインターバルは
    平均で3分間とるそうです。

    でも、私が30秒でお願いしますとインストラクターに告げると、


    「えっ、30秒だけでいいんですか? ∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!」

    と普通に驚かれます。でも、私は即座にこう答えます。


    「はい、30秒で充分なんでインターバルは ( ̄∀ ̄*)イヒッ」

    だから、やはりまだフリーウエイトに関して言えば30秒のインターバルで筋トレ
    している人はとても少ないんですね(笑)

    ちなみに、その時ベンチプレスを6~7セットやったのですが時間にして

    「わずか7分です。」

    この7分間のトレーニングにより翌日はがっつり筋肉痛です(笑)

    ベンチプレスはどうしても重りをつけ替える作業があるので、これがなければ
    5分くらいでトレーニングが終了になります。


    インターバルもそうですが、筋トレはとにかく早く終わらすことを意識して下さい。
    ボディービルダーのように、やる内容が半端なく多いというのならしょうがないですが、
    普通に筋トレをしている方に関しては目安は30分です。

    1種目を5セット行ったとしても、僕は5分くらいでいつも終了です。
    もちろんこの5分という時間はインターバル込みの時間ですよ。

    まあ、これは僕ならではの筋トレ方法を採用しているからなんですけれどね。
    機会があったらそのノウハウもご紹介できればなと思います。

    でも、もしその前に知りたいという方は僕に直接メール下さい。
    ブログのTOP画面からメール送信フォームがありますので( ̄ー ̄)ニヤリッ

  • コメント / トラックバック2件

    1. この人が脱退してから、AKBの話題が減った気がする。

    2. カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
      timberland boots http://www.timberlandbootsladies.com/

    コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ