ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 一回の筋トレ時間割切りの法則

一回の筋トレ時間割切りの法則

  • よくジムで見かける光景、インターバルの合間にずっと話し込んでいる人。
    これ、結構筋トレ初心者じゃなくて、中級者以上の人に多い。
    こんな光景をみてしまうと、その日のテンションがガクッて下がります。

    「おしゃべりは筋トレ後にしろよ!」
    と心の中で叫びますが、もちろんそんな失礼なこと言えません(汗)


    僕が思うに、中級者以上の人は初心者のお手本にならないといけない訳ですよ。

    そのお手本がインターバル中に談笑してたらまずいでしょ。
    なぜなら、インターバルを短くとることは筋トレの基本。
    つまり、下記のような効果がある。

    ・筋トレをサクッと終わらすことができる
    ・筋トレを集中して行うことができる
    ・筋肥大の効果が高まる


    また、次にそのマシンで筋トレしたい人も待っている訳だから
    そんな人に悪いじゃないですか。
    何か用事があって急いでいるかもしれないし。

    だから皆さんはインターバルを短めにとって短時間集中型で
    筋トレを終わらせて下さい。


    また、長時間トレーニングを行うと筋肉の成長に必要なテストステロン
    というホルモンが減少してしまい、筋肉の成長が妨げられてしまいます。


    さらに長時間のトレーニングによりエネルギーが不足してくると、
    筋肉が分解されてエネルギーとして利用されてしまうのです。
    そして、集中力も切れてしまい効率的な筋トレを行うのも難しくなってしまいます。

    つまり、筋トレをダラダラ長く続けて良いことは何一つないってことです。

    「じゃあ、具体的にどれくらいで終わらせればベストなの?」

    の質問に対しては、僕ならこう答えます。

    「筋トレだけなら30分、有酸素入れれば
    1時間以内。」


    1つの種目を5分弱で終わらせれば可能ですよ。
    インターバル中に談笑している人は1つの種目を終わらせるのに
    30分かかっています。
    しかも、僕よりも筋肥大効果が全然低い(笑)

    だから皆さんも1つの種目に対して5分弱を目安にして下さい。
    まずは、ストップウォッチを持って行き試してみるといいです
    それで、何分でトレーニングを終わらせることができたか、メモしてください。

    僕は「強く逞しくなるための筋トレ」のところでも書きましたが
    ある特殊な筋トレ法を採用しています。
    そのおかげで、2ヶ月で体脂肪15%落とすことに成功しました。

    その方法についてはまた別の機会に説明したいと思いますが、
    でも、もしその前に知りたいという方は僕に直接メール下さい。
    ブログのTOP画面からメール送信フォームがありますのでそちらからどうぞ。

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ