ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 強く逞しくなるためのめっちゃすげぇ筋トレ

強く逞しくなるためのめっちゃすげぇ筋トレ

  • まずはじめに皆さんに理解してもらいたいことがあります。
    筋トレだけでななく、勉強や仕事もどうですが、必ずしも『努力=結果』
    ではありません。

    つまり、いくら努力をしても的外れな方向に努力していたら結果はでません。
    例えば、明日は英語のテストなのに間違えて、国語の勉強をしてしまった。
    この例は極端ですけど、筋トレの例えならこうです。

    ・毎日の腕立て伏せ
     →毎日やっても意味がない

    ・適正でない重さのダンベル運動
     →軽いダンベルでいくらやっても全く意味なし

    ・正しい姿勢で行わないマシントレーニング
     →正しい姿勢、体勢で行わないと筋肉に効かない


    などなど、例を挙げだしたらきりがないけれど、できてない人が非常に多い。

    「非常~~~~~~~に多いです!」


    そして、これは非常にもったいないです、大切な時間と労力を
    捨ててしまっているのだから。
    だから僕のブログから正しいノウハウをどんどん盗んで下さい。
    僕は自分で調べて、実践して効果があると確信している情報のみを
    皆さんに共有していますのでご安心下さい。




    さて、話を戻しましょう。
    テーマは強く逞しくなるための筋トレですね。

    まあ、今回お伝えしたいことは適切な負荷と反復回数の話です。

    つまり適切な負荷と反復回数で行わなければ、筋トレで効果は期待できません。
    それでは、筋肉を強く逞しく鍛えるための負荷と反復回数について解説していきます。

    色々な考え方がありますが、まずは一番オーソドックスな方法は次の通りです。
    筋トレの負荷と反復回数についてまとめてみましたのでご覧下さい。

    ・ウォーミングアップとして軽い負荷で15~20回のを2セット程度行う。
    ・8~12回反復できる負荷(重量)で動作を行う。
    ・反復回数は限界数(目安は10回)。
    ・上の負荷と反復回数で3~5セット行う。
    ・セット間のインターバルは1~2分。できれば1分以内。


    「どうでしょうか?」

    ちょっと分りにくいかもしれませんね。

    具体的に『ベンチプレス』を例に挙げてもう一回説明しましょう。

    「ベンチプレスってどんなトレーニング??」
    という読者さんのために動画を用意しました。
    その動画でベンチプレスのイメージをつけてみて下さい。

    ※この動画でベンチやっている人は格好いいんですけど、補助で
     支えている人が素人っぽくて面白いです(笑)



    「動画でイメージをつけてもらえたでしょうか?」

    さて、それでは下のスケジュールを見て下さい。

    ウォーミングアップ:40kg-18回
    ウォーミングアップ:60kg-13回
    メイン動作    :80kg-10回
    メイン動作    :85kg-5回
    メイン動作    :80kg-5回
    メイン動作    :70kg-8回


    このトレーニングを正しい姿勢で毎回やれば、ウエイトも80kgが
    90、100kgになります。
    そして、たくましいカラダを手に入れる日はそう遠くないでしょう。
    でもこのスケジュールはビルダーとか熟練者以外は見てるだけできついと
    感じてしまいますよね(笑)

    初心者さんなんかからすれば

    「こんなきつそーなの、できるわけーだろ(怒)」

    ってきつい一言が飛んできそうです。
    まあ、僕もこの方法でやったことはありますが、

    「ぶっちゃけきつかったす。」

    しかも、時間が30分くらいかかった。
    だから、ボディービルダーとか筋トレ愛好者って正直ドMだと思う。

    「なんかネジが1本どころか2本くらいぶっ飛んでる感じ(笑)」

    でも、これぐらいやらないとオーソドックスな筋トレ方法では
    カラダを短期間で変えるのは難しいてことです。

    一方で、私もベンチプレスはたまにやりますが、大体時間にして
    5~10分くらいで終わりますね。

    そして、翌日はだいたい筋肉痛(笑)
    これはオールアウトさせているからですね。

    ここで、賢い読者さんは気付くかもしれません。


    「ベンチプレスやったら30分かかったて言ってたじゃん、なんで5分で終わるの?」

    よく読んでくれていますね、ありがとうござます。

    つまり、私は具体的に説明したオーソドックスな方法では
    ベンチプレスおよび、他のトレーニングを今では行っていないからです。

    でも、しっかりと5~10分間でオールアウトさせます。

    まあ、僕のトレーニング方法は『最小限の努力=結果』で現すことが
    できるのではないでしょうか。

    その方法についてはまた別の機会に説明したいと思います。
    でも、もしその前に知りたいという方は僕に直接メール下さい。
    ブログのTOP画面からメール送信フォームがありますのでそちらからどうぞ。

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ