ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 超回復ってどういう意味??

超回復ってどういう意味??

  • 超回復・・・何かカッコいい響きですよね。スーパーサイヤ人みたいな・・・
    言葉どおり、超回復というのは回復を超えた回復のことです。
    これを意識してトレーニングするのと、しないのでは全然違います。

    「つまり、超回復を意識しないで筋トレすること自体
    ナンセンスです。」


    筋トレをする目的は人それぞれ違うけれど、
    格好いいカラダになりたいという目標は誰もが同じです。
    ならば、超回復を意識して筋トレをして下さい。

    「超回復は超重要です!」

    さて、まずは超回復の原理を話して行きましょう。

    筋肉を鍛えるため正しい負荷で筋トレを行えば、筋肉は極端に疲労するわけです。
    この時に筋肉線維は消耗し細かく傷ついたような状態になります。
    そして、時間とともに消耗した筋肉線維は回復していき、元の状態に完治します。
    この回復する時間がだいたい48~72時間くらいかかります。

    更に筋肉が元の状態よりもレベルアップした状態にまで引き上げられます。
    筋肉にはこのような仕組みがあり、これが「超回復」です。

    「分っていただけたでしょうか?」


    まとめると、超回復による筋力アップを図るためには、3つの要素が必要です。

    ・筋肉を疲労させる為の運動
     →筋トレ
    ・筋肉を回復させる為の休養
     →睡眠
    ・筋肉を修復するための栄養
     →プロテイン


    ハードに筋トレした後は筋肉をしっかり休ませてあげましょうて事です。
    筋肉をじゅうぶんに休ませ、しっかりと栄養を与えてあげると筋肉は喜んで
    超回復してくれるんです。


    でも、筋肉を休ませすぎては意味がありません。
    つまり、筋肉は何もしなければどんどん細くなっていきます。
    筋トレを行い、せっかく超回復しても何もしなければ元に戻り、
    更に筋力が低下していってしまうのです。

    「この細くなるというのはものすごいスピードです(汗)」

    以前、私は左腕を骨折してしまい何も動かせない状態が1ヶ月続きました。
    ギブスをしているので本当に何も動かせません。

    ↓こんな感じです。



    そして、いざギブスを外せることになり外してみると

    「えっ・・・・」

    左右の腕の太さが完全に、ありえないくらい違うのです!
    まじで、やばいと思いまいしたね、当時は。

    でも今では、トレーニングを再開したので腕の太さも
    左右同じになりましたが(笑)

    筋肉は使わないと細くなる、でも使えば使うだけ太くなります。
    だから、筋肉をどんどん増やしてあげたいならやることは一つ

    「48~72時間のサイクル内で再び
    筋トレして下さい。」


    そうすれば、筋肉は右肩上がりに成長していきます。
    このサイクルが長くなったり、短くなってしまってはダメです。

    「超回復には48~72時間必要で、その後に筋トレをする!」

    この事を頭にインプットして二度と忘れないようにして下さいね。

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ