ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編 » 2012 » 3月

筋トレやダイエットでの強い欲望の重要性

  • ずばり、筋トレやダイエットをする上で欲望が強い人は成功します。
    具体的に言うと、欲望とはダイエットや筋トレをして、
    肉体改造を成功させたいと思う強い願いです。


    つまりそんな人たちは、とにかくガムシャラに行動します。
    だから、僕は皆さんにそういった強い欲望を持って欲しいわけです。
    またこういった強い欲望を持っている人は失敗を恐れません。
    要するに、失敗を考えている暇があったら行動してしまうのです。


    「例えるなら、スターをとったマリオ状態です。」



    以前の僕はまさにそうでした。
    ダイエットに失敗してもあきらめませんでした。

    「ぶっちゃけやり方がわからなかったので、
    何回も失敗しましたよ。」


    だから、色んなノウハウを調べたり、本を買ったりしました。
    たしかにイライラして現実逃避したい時期もありました。


    「なんでこんなにがんばってもダメなんだ、
    クソッ!」


    って自分に切れていました。

    でも、ダイエットに成功したいという強い願い、欲望があったので
    あきらめるという言葉は自分の中にありませんでした。

    そしてそれからしばらくして、僕に合った筋トレダイエットの
    ノウハウに出会いました。
    この点に関しては非常にラッキーでした(笑)


    また一方で、僕が思うに強い欲望と言うのは何もダイエットや
    筋トレだけではなく日常生活のありとあらゆるものにも
    あてはまります。

    仕事もそうだし、恋愛もそうだし、遊びもそうです。


    つまり、強い欲望があれば、普通の壁なんて乗り越えられる
    可能性が高いです。

    逆の言い方をすれば、欲望がないと欲しいものを手にするのは
    難しいです。
    まあ、まぐれつまり事故で「欲望なし」で手にできる
    ケースもありますが(汗)
    それは非常にまれなケースです。


    また、仕事や恋愛、ダイエット・・・その中で何が一番成功するのが
    簡単かを考えてみると、はっきりいってダイエットが一番簡単です。

    なぜならダイエットは自分だけが、がんばりさえすればいいからです。
    仕事や恋愛では「ライバル」というものが存在します。

    つまり、自分だけが頑張って解決できる問題ではありません。
    ライバルがメチャクチャ強ければ、いくら強い願望があっても
    失敗する可能性もあります。

    でも、ダイエットや筋トレは成功させたいといった強い願望を
    抱き行動すれば叶いやすいです。
    もちろん、それは正しいやり方で実践するということは
    必須条件ですけれど。

    何事も気合だ、根性だとか言う人もいますが、僕はダイエットや
    筋トレに関してはその通りだと思います。
    つまり根性論がまかり通ってしまう世界です。
    だから正しい方法でトレーニングさえすれば必ず理想のカラダを
    手に入れることは可能です。


    僕もはじめは何もわからないとこから始めました。
    でも、皆さんは違います。
    僕のブログに目を通してもらえば何をすれば肉体改造できるか
    分るはずです。



    しかし、僕がこのブログを立ち上げている目的は、このブログを
    通して皆さんへの情報発信もそうですが、皆さんと友達になりたい
    という意図もあるわけです。

    まあ、顔を知ることはできないでしょうが(笑)

    だから、積極的にコメントとか質問を頂けると非常にうれしいです。
    また、もし見ていない人がいれば、僕の自己紹介を見てもらい
    KENという人間を少しでも知ってもらえたらなと思います。

    プロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

太っても気にすんなよ!

  • 今回のテーマは「太っても気にしない」。。。

    いきなりなんだ??って思うタイトルですよね(笑)

    でも、今日のテーマはこれでいきます!
    それでは、何でこのテーマで行こうと思ったかを話しましょう。


    昨日ジムに行った時に、ある人を久しぶりに見ました。
    そのある人とはメッチャクチャ筋肉がある人でまさに、

    「タンクトップが似合う奴です。」

    皆さんは「範馬刃牙」って漫画を知ってますか?



    まさにこんなカラダをしています(笑)

    ちなみに僕はこの漫画が好きで全巻読破しています。
    また花山薫という登場人物の握力は半端ないです。
    なぜなら、トランプでさえも、ひと掴みでちぎってしまいます。

    これでバキのファンになった人もいるのではないでしょうか(笑)



    すいません、この話しをしたら何時間もかかってしまうので
    話しを元に戻しましょう。


    そう!久しぶりに見た彼の話しです。

    以前の彼は、ベンチプレスとかもガンガンに上げてトレーニングしていました。
    でも、そんな彼がジムに来るなり、すぐにバイクをこぎ出しました。
    僕は「あれ??」と思うわけです。

    「何でかわかりますよね?」


    だって筋トレをしないでいきな有酸素運動を始めたからです。


    つまり、筋トレ上級者なら、「有酸素運動を筋トレの前にやってはいけない。」
    ということはセオリーなので知らない訳がありません。

    でも、有酸素を始めた訳です。
    だからしばらくジロジロ観察していると、ふと思った事があります。

    「そういえば、少し太ったかも。」


    しかし、これは意図的に、つまりワザとなわけです。

    つまり、冬の間は筋トレを中心に行い、とにかく食いまくる。
    なぜなら有酸素運動をやると少なからず筋肉は必ず落ちるからです。
    そのため純粋に筋肉を増やしたいのなら有酸素運動はやらない方がいいのです。
    また、この方法はボディビルダーも行う方法です。


    「だから、この期間は太っても気にしない。」


    そして、春が近くなったら一時的に有酸素中心にトレーニングを行い脂肪を絞り出す。
    しかしこの方法は普通の人がやっても効果は薄いです。


    「つまり、筋肉がある程度ついているカラダ限定です。」


    筋肉が多いカラダは基礎代謝が高いためにいつでも簡単に痩せることができます。


    ここで、水が透き通ったきれいな湖をイメージして下さい。

    普通の人、つまり筋肉があまりない人は、湖の水を
    手でしか汲み取ることができません。

    でも筋肉がある程度ついているカラダは、バケツでザクザク
    汲み取ることができるのです。
    つまり、効率よく湖の水(脂肪)を汲み取る(燃やす)ことが
    できるのです。



    「僕は皆さんにそんなカラダを目指して欲しいわけです。」


    そんなカラダになってしまえば、ダイエットで悩むことなんて
    一生ないでしょう。

    また、高カロリーなものを食べても、全く気にする必要がありません。
    なぜなら、脂肪が勝手にザクザク燃えていくからです。

    「そんな便利なカラダになりてーな!」

    て思いませんか?

    そう思う人は今すぐに筋トレを始めて下さい。
    筋トレをして基礎代謝を増やして、「太ってしまっても、すぐ痩せられるカラダ」
    を作って下さい。

    今日はここまで、最後まで読んでくれてありがとうございました。

    また、今回の話題で出た、有酸素運動を筋トレの前にやってはいけないについては
    「筋トレと有酸素運動どちらを先にやればいいの??」で説明しています。


    「筋トレと有酸素運動どちらを先にやればいいの??」

    だから参考にしてみて下さい。

  • ▲ページの先頭へ

筋トレに成功する人と、しない人の脳みその違い

  • 今回は筋トレにどうして多くの人が成功しないのかを考えます。
    成功する人としない人の違いはなんなのか・・・・
    これには原因があります。


    「正しい方法で筋トレをしないからです。」


    つまり、自己流の筋トレ方法でやったり、見よう見まねでやるから駄目なんです。
    まあ、ジムとかに行っている人はインストラクターが色々教えてくれるので
    一通りのことは習得することができるでしょう。

    でも、僕から言わしてもらえばインストラクターが教えてくれる方法は
    確かに徐々に筋肥大はしますが、やはり半年~1年スパンで効果を考えるべきです。
    そして、回数やセット数をたくさん行わなくてはならない。


    「だからぶっちゃけ、疲れるし時間もかかる。」



    まあ、筋トレを長時間やりたい人には向いていますけどね。
    僕はちょっと嫌ですね、1時間も筋トレしているのは。


    「ぶっちゃけ、ツライす。」


    でも百歩譲って、長期間続ければ効果が出るからジムでのトレは良しとしましょう。
    今回のコンセプトは「効果がでない筋トレ方法は何?」なので。



    さて、問題は自宅でトレーニングを行っている人です。
    つまり、インストラクターはいなく、本やネットでやり方を調べながら
    筋トレをしている人です。

    「そこで、質問です。自宅で筋トレしているあなた!
    効果の程はいかがでしょうか?」



    ・・・・


    ・・・・

    やはり、あまり効果が出ていないようですね。

    さらに掘り下げて僕が言いたいのは、腕立てや腹筋、背筋を筋肥大する
    トレーニングだと思わないで下さいってことです。


    「つまり、腕立てなどの自重トレは爆発的な筋肥大は
    望めないってこと。」



    これ知らない人結構多いです。
    もちろん「筋肉維持」が目的なら自重トレでもOKです。
    でも、筋肥大を期待するなら、最低でも10KGのダンベル運動から始めたいですね。

    僕が言う正しい筋トレ方法とは「120%筋肉に効かせる方法です。」
    筋トレ初心者はまず誰一人として筋肉に効かせる筋トレができていません。
    動く軌道が決まっているので、非常に簡単なジムにあるマシントレでも変なところに
    力を入れてしまい効果が半減してしまっている人をよく見かけます。
    もちろん、そんな方々に僕は声をかけて正しい方法を教えていますよ。


    「せっかく歯を食いしばりながらがんばっている人に、
    見て見ぬふりはできません。」



    僕は誰に対しても結構優しいんですよ、特にがんばっている人には(笑)
    だから、間違っていると思えばアドバイスしています。
    でも、中にはアドバイスしても言うことを聞かない人がいます。
    これは今回言いたかったことの集大成です。


    「アドバイスを聞いて、自己流は絶対にやめて下さい。」


    自分がこの方法で大丈夫と思っても、効果が出ないということはやり方が
    間違っていると言う証拠です。

    だから、初心者の頃にしっかりと正しいフォームを身につけて下さい。
    僕もそうでしたが筋トレをやる人って根拠がない自信があります。
    つまり、この方法でやっていれば大丈夫なんて勝手に思ってしまうのです。
    効果が出ないということはやりかたが間違っています。
    経験者のアドバイスを素直に聞き入れて、自分のフォームを修正して下さい。

    自宅でトレーニングするデメリットはここにもあります。
    つまり、誰もフォームなどを見てくれないから、正しいやり方かどうか判断が難しい。
    そして、効果が出ないと筋トレについて半信半疑になり途中でやめてしまう。
    多くの人がこの流れで肉体改造をあきらめてしまうのです。


    「でもこれは、ぶっちゃけ非常にもったいない
    ことですよ」



    だから、もし効果が出ないと思ったら筋トレをする環境を変えてみて下さい。
    ジムに行ってない人なら、無料で「体験入学」してみたりするのもいいです。
    この無料体験入学キャンペーンは調べると色んなところでやっています。

    また、ジムに行っている人で効果が出ないと言う人は、思い切って有料の
    個人指導を受けてみるとかの方法があります。
    裏技として、定期的にジムに来ている筋トレ中級者~上級者に思い切って
    相談するのもアリです。
    快くアドバイスしてくれるはずですよ。


    でも、一番手っ取り早いのは・・・

    ・・・

    ・・・

    「僕に相談することです(笑)」




    このブログに初めて来て僕の事を知らない人はプロフィールを
    見て頂けるとうれしいです。

    プロフィール

    そして、僕のことにちょっとでも興味を持ってもらえるとうれしいです。


  • ▲ページの先頭へ

勇気をもって行動しろよ!きっと平気だから。

  • 今回のテーマは「勇気をもって行動すること」
    つまり、ダイエットや筋トレを勇気をだしてはじめましょって話です。


    僕もそうだったんですけど、誰だって何かを始める時って勇気がいります。


    「失敗するんじゃないか?」
    「自分には無理なんじゃないか?」


    などといったネガティブな思考が頭をよぎるわけです。
    その結果、現状維持のままでいいやとなり、行動しません。
    これは何もダイエットだけではなく、仕事や資格取得、興味のあること全般に言えます。

    でも、自分には無理なんじゃないか?って考える葛藤に勝たなくては
    何も変われません。
    つまり、僕が言いたいのは考えるくらいなら何も考えずに
    行動てしまおうということです。


    今回、AKBの前田敦子が卒業を発表しましたよね。



    これについてはおそらく日本中が驚いていると思います。
    だって、AKBは今や日本一のアイドルグループです。
    その日本トップアイドルのセンターポジションの娘がいきなり
    人気絶頂の中、引退ですよ。

    普通に考えれば、これからじゃないですか、まだAKBでやり残している
    事もたくさんあるはずです。
    それがまさかの引退宣言・・・

    だから、僕なりにその理由を考えてみました。
    そして僕は一つの結論にたどり着きました、それは

    「彼女は自分の好きなことが、全くといっていいほど
    できないんだな。」


    つまり、忙しすぎて徹夜や睡眠不足は当たりまえで、食事だって移動時間に
    ロケ弁とかがほとんど。

    しかも、みんなの前ではつらいのを我慢してニコニコしなくてはならない。
    彼女はまだ二十歳そこそこですよ。
    普通の二十歳って大学生とかですよね。
    だから、合コン行ったり、買い物したり、好きなことがやりたい放題です。
    でも彼女らは全く自分のやりたいことができない。


    また、AKBが好きなファンはいるが、アンチファンもめちゃくちゃいる。
    そんなアンチファンが2chやヤフーコメントに誹謗中傷を書きまくる。
    さらにYoutubeなどに整形疑惑映像がUPされる。
    そんなのにも耐えて、ニコニコ笑顔をふりまかなくてはならない。


    「普通の人だったらノイローゼかうつになっていますよ、
    しかも重度の!」


    でも、そんな状況でも多分事務所とかは

    「お前が頑張らなければ、ファンはどうなってしまうんだ!」

    と罵倒して、奴隷のような生活を彼女達にさせる。
    それでも、文句を言わずにこれまでやってきた。
    しかし、今回は全ての反対を押し切り「卒業」することを決断した。


    そこで皆さんも、彼女の決断力と新しい未来を引き寄せようという
    強い好奇心を見習ってみませんか?


    彼女は卒業することによって、自分の新しい未来を手に入れようとした。
    でも、その未来は「AKBのセンター」という肩書きはもうない。
    しかも、彼女は女優としての評価が言うほど良くない。
    つまりAKBとしてアイドルを続けていたほうが安泰だったかもしれない。

    しかし、彼女は全てを捨てて決断した。

    「勇気を持って行動すること」とは「決断すること」に言い換えられます。
    もし、自分の状況をふりかえってみて、やっぱりダイエットをして
    たくましいカラダを手に入れたいと思うなら、前田敦子と同じように
    決断するべきです。

    正しいノウハウでダイエットや筋トレをすれば、必ずあなたも新しい未来を
    引き寄せることができます。
    そのノウハウにが知りたければ、僕に聞いてください。
    僕はあなたのダイエットサポーターなのだから(笑)

  • ▲ページの先頭へ

筋トレセット間インターバルについての超重要な話

  • 今回はセット間のインターバルの話をしていきます。

    僕の推奨する筋トレ間のインターバルは30~60秒です。

    これを聞いて短すぎじゃないかと思うかもしれません。

    「でも、これぐらいを目安にやって下さい。」


    はっきりいって、3分とかでは長すぎます。
    なぜなら筋トレ中はテストステロン(男性ホルモン)濃度が増加します。
    そして、それが筋肉成長を促進する効果があり、筋肥大に貢献します。

    しかし、インターバルをとればとるほど、このテストステロンの濃度が
    増加しないので筋肥大にはマイナスです。


    「でも、30~60秒のインターバルなら濃度がMAXとなります。」


    だから、筋肥大効果も期待できます。でも、多くの人が


    「短いインターバルでは筋トレがつらくなり
    挫折してしまうのでは?」



    といった不安はあると思います。
    だから、いきなり最初から30秒のインターバルでやれとは言いません。
    最初の頃は2~3分で行って、慣れてきたらどんどんインターバルを短く
    設定するようにしましょう。



    また、このインターバルに関しては

    自重トレ(腕立てなど)→マシン→フリーウエイト

    の順番で長くとってしまう傾向があります。

    「つまり、腕立ての時は30秒でOKだったけど、ベンチプレスの時は30秒ではきついので、3分インターバルが必要だ。」

    といった感じです。
    しかし、何度も言いますがこういった問題は「慣れ」によって解消できます。
    だから、どんどんトレーニングの場数を増やせと言うことです。

    ちなみに、僕はベンチプレスでさえもインターバルは「30秒」です。


    先日、ジムでベンチプレスをやっていた時のことです。
    僕はベンチプレスに関しては最後の2セットはインストラクターの人に
    「補助」を頼みます。
    つまり、潰れそうになったときにバーベルを支えてもらうのです。



    補助してもらうことによって、オールアウトができて超回復時に爆発的な
    筋肥大が期待できるからです。

    そして、大抵の人は最後の2~3セット補助してもらい、その間のインターバルは
    平均で3分間とるそうです。

    でも、私が30秒でお願いしますとインストラクターに告げると、


    「えっ、30秒だけでいいんですか? ∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!」

    と普通に驚かれます。でも、私は即座にこう答えます。


    「はい、30秒で充分なんでインターバルは ( ̄∀ ̄*)イヒッ」

    だから、やはりまだフリーウエイトに関して言えば30秒のインターバルで筋トレ
    している人はとても少ないんですね(笑)

    ちなみに、その時ベンチプレスを6~7セットやったのですが時間にして

    「わずか7分です。」

    この7分間のトレーニングにより翌日はがっつり筋肉痛です(笑)

    ベンチプレスはどうしても重りをつけ替える作業があるので、これがなければ
    5分くらいでトレーニングが終了になります。


    インターバルもそうですが、筋トレはとにかく早く終わらすことを意識して下さい。
    ボディービルダーのように、やる内容が半端なく多いというのならしょうがないですが、
    普通に筋トレをしている方に関しては目安は30分です。

    1種目を5セット行ったとしても、僕は5分くらいでいつも終了です。
    もちろんこの5分という時間はインターバル込みの時間ですよ。

    まあ、これは僕ならではの筋トレ方法を採用しているからなんですけれどね。
    機会があったらそのノウハウもご紹介できればなと思います。

    でも、もしその前に知りたいという方は僕に直接メール下さい。
    ブログのTOP画面からメール送信フォームがありますので( ̄ー ̄)ニヤリッ

  • ▲ページの先頭へ

自体重 or マシン or フリーウエイト あなたに合うのはどれ?

  • ども、KENです。

    今回は「自体重 or マシン or フリーウエイト」とは何なの?
    といった内容を説明します。


    まずは簡単に、これら3種類を説明していきます。

    1.自体重

    つまり、腕立て伏せや腹筋ですね。



    このトレーニングのメリットはやはり、

    「いつでも、どこでもトレーニングが可能。」
    という点です。

    またデメリットは、

    「正しいフォームでやらなくては効果が出ない、
    また他の2種目に比べて筋肥大しにくい。」


    が挙げられます。

    まあ、いつでもどこでもできるから、例えば旅行先でも
    できるし、1畳1間の狭いスペースでも実践可能です。
    でも、僕はあまりオススメできません。

    「なぜなら、単純に筋肥大しにくいからです。」

    やっぱり、他の2種目に比べると負荷がかけられない。
    だから、もし2ヶ月で肉体改造したいと考えているなら

    「自体重トレではぶっちゃけ無理です。」

    よく、映画とかでブラッド・ピットや筋肉質の俳優が腕立てふせで
    トレーニングしてるシーンとかあるけど、

    「あれこそ、ぶっちゃけやらせですよ。」

    つまり、映画だけのワンシーンです。
    普段の生活でブラピは腕立て伏せでトレーニングしていません。
    もっと筋肉に負荷のかけられる、マシンやフリーウエイトで鍛えています。


    ただ、腕立て伏せが世間一般的に見て「かっこいい筋トレ」として
    認知されているから、映画のワンシーンは腕立てなんです。


    まあ、腕立てで筋肉を増やしたいのではなく、今の現状を維持したい
    というなら全然ありのトレーニングですけれどね。
    でも、ほとんどの人は現状維持よりも、今より更なる
    筋肥大を望んでいるのではないでしょうか。


    2.マシン

    これは単純にジムに置いてあるマシンです。



    マシンのメリットは軌道が決まっているから
    初心者でも簡単に扱える点です。

    特に女性にはオススメです。

    今となっては、僕の中心はフリーウエイトだけど
    最初の頃はこのマシントレばかりやっていました。
    なぜなら、重りのピンを抜き刺しするだけで、自由に負荷を
    調節できるからめちゃくちゃ簡単だからです。

    「だから、筋トレ初心者さんはまずはこのマシンで
    トレーニングすることをオススメします。」


    デメリットとしては、ジムに通わなくてはならないというのがありますが、
    市が運営しているジムなら1回300円程度で利用できます。

    また、「メガロス」や「ルネサンス」、「ゴールドジム」と言った
    会員制のジムもナイト会員や、週末会員などのお得なプランがあるので
    料金も昔ほど高くなく、月会費5000円以下で入会できます。



    「トレーニング後のサウナや入浴つきです(笑)」

    さらに、ジムに通うことのメリットとして、

    「周りがみんなトレーニングしてるから
    モチベーションもぐんと上がる。」


    というのもあります。
    また、インストラクターの人がいるのでやり方がわからなくても
    すぐに聞けて、大抵は親切に教えてくれます。

    だから初心者さんはジムに通ってみる事をオススメします。


    3.フリーウエイト

    最後になりました、フリーウエイトです。



    僕は皆さんに最終的にはここでトレーニングして欲しいわけです。
    僕のノウハウを学んで頂ければ、おそらくここに来る頃には
    肉体改造に成功している人も多いはずです。

    フリーウエイトのメリットとしては、やはり

    「運動強度が高く、その効果も際立つ。」

    つまり、自体重やマシンに比べると筋肉に大きな負荷をかける
    ことができるので、筋肉をクタクタにさせることができます。


    また、大胸筋のトレーニングをしていても、軌道がマシンのように
    決まっていなくて、フリーです。
    だから、肩や背中の筋肉にも刺激を入れることができるので、
    一石二鳥にも三鳥にもなるというメリットもあります。

    ただし、デメリットもあります。

    「最初は、自分にはどれくらいの重さが合っているか見極める
    必要があるし、一人でやるには危険な種目もあります。」


    まあ、その危険な種目はベンチプレスなんですけどね。
    でもジムに行くとインストラクターの人が補助してくれます。
    最初は声をかけるのが恥ずかしいかもしれませんが、慣れてくれば
    なんとも思わなくなります。

    また、そのうちジム内で知り合いができて、一緒に補助をしあう
    なんてことも日常茶飯事です(笑)
    だから、まずは各種目で自分の適正な重さを見極めることが重要です。

    以上が自体重、マシン、フリーウエイトについての簡単な説明でした。

    そして、今回の内容をまとめると

    1.最初はジムでマシントレーニングを行う
    2.そして、慣れてきたらフリーウエイトも行う
    3.さらに慣れてきたらフリーウエイトをメインにする


    また、どうしてもジムに行きたくない人は、ダンベルなどを買って
    自宅でトレーニングするのもありです。
    その時は怪我をしないように十分に気をつけて下さいね。

  • ▲ページの先頭へ

筋トレで自分を破壊しろ!

  • 皆さんはベンチプレスって知っていますか?
    恐らく名前は聞いたことがありますよね。

    「そう、こんなやつです。」



    まあ、ジムに行ったことがある人なら、このベンチプレスを見たことあるよね。
    僕が思うに、このベンチプレスを始めたら筋トレ初心者から中級者に
    ステップアップするんじゃないかな。

    今日はこいつについてまずは話したいと思います。

    このベンチプレスってやつは、しっかりやり方を覚えてしまえば、

    「メチャクチャ筋肉に刺激を入れることできます。」

    なぜなら、大胸筋、三角筋、腹筋をはじめ様々な筋肉を一つの動作で
    刺激することができます。


    だから、筋トレが慣れてきたらこのベンチプレスを始めてみることを
    めちゃくちゃオススメします。

    「しかし、一つ問題があってこのマシーンは単純に危険です。」

    実際に動作中に亡くなったかたもいます。
    でも、それはベンチプレスというものを軽く考えていたからです。

    つまり、悪い言い方をしてしまえば「なめていた」ということです。

    ここで、1本の動画を紹介したいと思います。



    この動画ではベンチプレスを行っているのですが、

    「この人普通ならバーベルに潰されて死んでいます。」


    でも、奇跡的に生きていますが皆さんには

    「絶ッ対~に真似をして欲しくありません!」


    筋トレはカラダを鍛える運動であってパフォーマンスではありません。

    確かにボディビルの大会とかは見せるためのものです。
    でも、筋トレは自分自身と戦うスポーツだと僕は考えます。
    つまり、敵は自分自身です。

    自分自信に甘えようと思えばいくらでも甘えることができます。

    「でも、もちろんそうなれば負けです。」

    その負けが、つまり肉体改造失敗というわけです。

    だから、一度筋トレやダイエットをしようと思ったのなら
    真剣にやるべきです。

    確かに勉強や習い事と同じで、すぐに結果を出すことはできません。

    ちまたにある、飲み続ければ10日間で痩せるサプリや、寝ているだけで
    痩せていくダイエットノウハウとは違います。

    でもこんな訳分らないサプリやノウハウで痩せるわけないですよね。

    「バッカじゃねーの!」

    って思いませんか?

    とにかく人を馬鹿にしすぎですよね、僕達からお金を引っ張ることしか
    考えていないでしょね、これらの商材は(笑)

    もっと真剣に肉体改造で悩んでいる人のことを考えろっていいたくなります。

    だから、本気でダイエットや筋トレで結果を出したいなら
    多少の我慢や、自分に対しての甘えを捨てる必要があります。


    もし、自分ができるかどうか不安なら僕にメール下さい。
    そのメールで自分がなんでダイエットをしたいのか、成功してどういう
    未来を描こうとしているかを私に宣言して下さい。

    宣言することによってあなたのモチベーションも上がり、成功してやるという
    強い意志も生まれるでしょう。
    そしてその強い意志、すなわち気持ちを現実のものにして下さい。
    僕はあなたの成功を心より願っています。




  • ▲ページの先頭へ

AKBまゆゆで筋トレ中です

  • どうも、KENです。

    今日は皆さんにビデオを紹介したいと思います。

    題して、「AKBまゆゆで筋トレをする少年」です。



    ちなみにまゆゆ(渡辺麻友)がわからない人はブログで確認してみて下さい。
    左から2番目の娘で、AKB総選挙では5位の実力者です。

    ブログはこちら


    筋トレをしながら、iPotなどに好きな音楽を入れてトレーニング
    をする、または走ったりするとかはみんなやっていますよね。
    これは、周りの雑音を一切シャットアウトして自分の世界に入るため
    だと、僕は理解しています。


    「ぶっちゃけ、これはとても良い方法
    だと思います。」


    でも、僕の場合は筋トレ中は音楽とかが耳に入ると逆に集中できなくなるので
    何も聞きません。
    しかし、有酸素運動はただバイクを漕いだり、走ったりするだけなので
    何もしないと時間が無駄になってしまうような気がするので音楽を聞いています。


    そして、このビデオの少年は筋トレ中にAKBの歌を聞いているなんて普通の
    事をしているわけではありません。


    「なんと、まゆゆのポスターをちら見しているのです(笑)」
    しかも、見るタイミングは辛くなったらです。

    そして見終わるとテンションが上がって、筋トレのモチベーションが上がるようです。

    「馬鹿じゃねーの!」
    とか言わないで見てみて下さい。

    絶対1度は
    「ププッ」て含み笑いしてしまうんで(笑)


    僕は効果のないサプリを売りつける人には好感が持てませんが
    こういった面白いことを考えて、みんなの前で紹介しているユニークな彼が、
    筋トレやダイエットをガムシャラに頑張っている人と同じくらい大好きです。



    筋トレやダイエットをしている時の一番の敵は「モチベーションの低下」です。
    モチベーションが下がるとやる気がなくなり、途中で挫折してしまいます。
    そうならないために、各自でモチベーションが下がらないようにする方法を
    考えておくことは良いですね。

    ちなみに僕は、夏に海に行っている時のことを考えます。
    ぽっこりした腹でなんて、海で裸になれませんよね(汗)
    そう考えるだけで、モチベーションも下がらずに楽しくトレーニングできます。

    太ってしまい今着れなくなってしまった服を着るとか、ダイエットに成功して
    周りを驚かせてやる、など何でもいいのでモチベーションが下がらないように
    する方法を持つようにしましょう!

  • ▲ページの先頭へ

筋トレと有酸素運動どちらを先にやればいいの??

  • どうも、KENです。

    筋トレと有酸素、どちらを先にやればいいか皆さんは知っていますか?
    これは結構知っているかなと思いますけど・・・

    「どうでしょう?」



    ・・・・

    ブーッ、不正解!

    ダイエッターは筋トレを先にやった方が賢いです。
    この事は下の動画でも元インストラクターのマスクマンが語っているので見てみて下さい。
    ちなみに、この動画のマスクマンは声も変えて編集しているようです。

    「そんなに自分の事を知られたくないなら、わざわざYouTubeにアップしなきゃいいのに。」
    と思ったんだけど、みんなに情報提供してくれてるのでOKとしましょう。




    さて、話を戻します。

    まず筋トレを先にやった方がいいという理由としては

    ・筋トレをすることによって出た成長ホルモンが、有酸素運動で脂肪燃焼時に
    効果的に使われる
    ・有酸素運動を先にやると疲れてしまい、筋トレで100%のパワーを発揮できない


    が挙げられます。

    筋トレと有酸素運動を平行してやろうとする人は「ダイエット目的」です。
    だから筋肉をつけるのは当たり前だけど、さらに効率よく脂肪を落とさなくては
    ならない。
    そう考えているなら、筋トレをまずやってその後に有酸素運動をやって下さい。


    これは実際に僕がダイエットをしていた時に、実践していたのですが
    メチャクチャ効果があります。
    実践して3週間ぐらいから効果が出はじめて、

    「うぉーーー、ベルトの穴が1つ縮まった!!!」

    てまじ感動したのを、今でも鮮明に覚えています(笑)
    ベルトの穴が1つ縮まるってあんまりインパクトなさそうだけど、


    「ぶっちゃけ、めちゃくちゃ感動しますよ。」



    僕的には体重が1kg減ったとかより全然こっちのほうが感動しますね。
    だって、体重の1~2kgの増減なんて食べたり、飲んだりしてると結構変わるし。


    また、僕の経験からするとベルトの穴が1つ縮まれば2つ縮まる日は
    そう遠くありません。


    なぜなら1つ縮まったことによりもうすでにモチベーションが上がっているので
    そのまま、継続してダイエットに集中できるからです。

    ダイエットや筋トレは効果が出始めるところまで行けば大抵の人は
    失敗しないはずなんですよね。
    その効果とはベルトの穴だったり、体脂肪が減っただったり、目安は何でもいいんです。


    ここで、僕が好きな言葉を紹介させて下さい。

    『失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ
    それは成功になる』


    ダイエットや筋トレもそうですが、仕事や趣味だったりもこの一言に集約されると考えています。

    「成功するまで続ければいいじゃないですか、真面目にやれば結果は必ずでるから。」

    やり方さえ間違っていなければ、短期間でダイエットや筋トレで結果を出すことは
    非常に簡単です。

    そのやり方がわからないなら僕に聞いてください。

    今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。

  • ▲ページの先頭へ

モテる男の体型とは??

  • 「モテる男の体型とは」

    今回のテーマはちょっとベタかもしれませんね。
    普通に考えたら、

    「背が高くて、がっちり体型(筋肉質)に決まってるでしょ。」

    と思いますよね。


    そう、こんな感じ・・まじで、カッコいいすよね、ブラッドさん



    でも、どうやら実際は背が高ければいい、筋肉質がついてればいいといった
    単純な話ではないんですね。

    つまり、身長が高すぎると女性に「ひ弱・病的・運動音痴」という印象を
    与えるんですよ。

    たしかに身長が高い人って「細いくて弱弱しい」イメージがありますよね。

    現在の日本人の平均身長は171cmで、女性は158cmです。
    個人的には175cmくらいなのかなと思っていたんですけど、思ったより
    低いんですよね。

    さーて、第一の本題に入ろうかな。
    現代の男女の平均身長差は「13cm」です。
    これは単純に171cm-153cm=13cmからはじき出しました。

    これが何を意味するのかというと、女性は平均して、自分よりも13cm
    身長の高い男を求めてきたということなのです。
    これがダーウィンでいうところの「性淘汰の理論」です。

    つまり、あなたの身長が171cmであった場合、158cmの女性に最も魅力的に映る
    可能性が高いということです。


    ちなみに私は175cmなので162cmの女性に魅力的と思われる計算になります。

    「そんなのうそだ!」
    とか言わないで下さいね(笑)
    本当のことなんで豆知識として覚えておいて下さい、きっと飲み会のネタで使えますよ。


    そして第二の話題。
    今度は体型についてです。

    まあ、これはぶっちゃけ筋肉質な男性が有利なんだけど、昨今では「草食系」
    がブームなわけで、たとえば俳優の「瑛太 」や「要潤」のような細めの男性が
    タイプな人もいるわけです。

    でも、これは単純に見た目のはなし、つまりルックスてやつ。

    夜の生活の話だと筋肉質の男性は細めや、太った男性より有利なんです。
    これについては米カリフォルニア大学の研究チームが発表しています。
    理由として、女性が1万年前からの遺伝子を引きずっていて、筋肉質の男性は
    狩猟が上手で、自分たちを守ってくれるというイメージが強く残っているみたい。


    こんなことを聞いたらやっぱり筋肉質な逆三角形なカラダを目指すべきじゃないすか?
    筋トレを正しい方法で2ヶ月間続ければ逆三ボディーをゲットできます。
    なぜなら、スーパー凡人andミラクル素人だった僕でもできるぐらいなんで(笑)

    決意の固いみなさんが本気を出せば余裕すよ!

  • ▲ページの先頭へ