ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編 » 2011 » 12月

Home > 12月, 2011

中日 落合監督の筋トレ理念

  • 前落合博満監督は「野球の筋肉は野球でつくられる」という理念があるそうです。つまり「筋肉なんて野球の練習を
    していれば必要な筋肉が付くから筋トレなんていらないよ」という考えだ。まあ、たしかにあんだけダッシュだランだ、素振りをやっていれば筋肉は徐々につきますよね。実際私も腹筋はいつもトレの最後にやるのですが、腹筋する前から腹筋がヒクヒクしている時もあります。おそらく背中を鍛えていると、結構腹筋も力が入ったりするから効いているんでしょうね。
    でも、「野球の筋肉は野球でつくられる」これってかなり古い考えですよね。今の日本における1流のスポーツ選手たとえば、イチロー、ダルビッシュ、石川遼君はみんな本格的な筋トレをトレーニングメニューに組み込んでいますよね、優秀なトレーナーをつけて。スポーツ選手だけではなく、何かで1流といわれている人ってカラダを鍛えている人は多いです。そういったマインドは日本よりも諸外国が多くて、例えば韓国なんていい例ですよね。健康診断が会社の内定試験であるとこもあります。つまり、太っていたり、コレステロールが高かったりすると入社できないんです(汗)まあ、日本にそんな制度が輸入されるかは疑問ですが、カラダは鍛えておけば何も悪いことがないということです。でも、間違った方法で鍛えてもカラダは変わらないので、トレーナとかがいれば良いでしょうね。しかし、一般人はそんなトレーナーを抱えることはできませんよね。だからHSMT法がいいんです。シンプルだから、誰も間違った方法で筋トレなんてできないんで(笑)

  • ▲ページの先頭へ