ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編 » 普通の筋トレが駄目な理由

筋トレは量(回数)それとも質??

  • こんばんわ、KENです。
    さて、今日は僕のメール講座を受けている方から嬉しい声を頂きました。
    その方は筋トレはとにかく質よりも量だと、とにかく回数重視で筋トレを
    していたそうです。


    でも、僕の肉体改造解体新書を見て、回数重視ではなく『質』を重要視するように
    してトレーニングを始めるようになったら筋肉痛になったそうです(笑)


    筋肉痛になるのがいい訳ではないけれど、今まではいくら30回、50回と
    回数を重ねていたのにまったく変化がなかったみたいです。

    そりゃそうですよ、そんな量を重ねる筋トレなんてはっきりいって
    有酸素運動となんも変わらないですから。


    つまり筋肥大を狙っていても、全く筋肥大しないで『筋持久力』だけが
    鍛えられる悲しい結末があなたを待っています。


    まさかあなたはそんな意味のないトレーニングをしていませんよね?

    どうせやるならしっかりと短期間で筋肉がぐんぐん大きくなる
    トレーニングをしましょうよ。

    肉体改造を適当にだらだらやっていると、逆三角形の腹筋が割れたカラダに
    なるのが1年とか2年先になってしまいます。


    僕は口をすっぱくしていい続けていますが、2ヶ月間もあれば十分です。
    それ以上かかる肉体改造なんて僕に言わせてもらえばもう『失敗』です。


    だって1年とか時間をたくさんかけて、モチベーションを維持しながら筋トレやれば
    誰だって肉体改造に成功するのはあたりまえだからです。

    でも中には1年以上定期的にトレーニングしているけど全然変わらない人もいます。

    もしそんなに時間をかけても全く変わらないというのなら、それは明らかに
    やり方が間違っているのです。


    そしてもし、貴方が時間をかけてもちっとも体が変わらないというのなら
    もう一度トレーニング方法、栄養補給、休息について見直してみて下さい。


    そしてもしそれでもわからないようなら僕に相談してみて下さいね。

    質問や相談はこちらまで

    PS

    僕はほぼ毎日ツイッターで肉体改造に対して、ためになるつまり、
    興味深そうなことを呟いています。

    だから僕のツイッターをぜひ参考にしてみて下さい。

    ツイッターはこちら

    また、ブログでとりあげて欲しいトピックスがあれば呟いて下さい。
    それを次回以降のブログの話題として反映させますよ。

    そして呟いてくれたそのお礼に「肉体改造解体新書~特別編」
    アップロード版を差し上げます。



    これは前後編120ページ以上あるレポートの番外版みたいなもので
    最近ではもう無料メール講座でも配っていません。

    つまり、僕のツイッターに呟いてくれた人のみの特典となります。

    その請求は下記フォームから申請して下さいね。
    「呟きました。」の一言でOKです。

    メールはこちら

    それではたくさんの呟き依頼待ってますね(笑)

  • ▲ページの先頭へ

ここ最近新しいマル秘レポートを書いています。

  • どうも、KENです。
    さて、最近たくさんの人から依頼があり、あるレポートを作成中です。
    そのあるレポートとは自重トレーニングのレポートです。

    そして今日はその中のほんの一部をご紹介したいと思います。


    まずはAさん~Dさんまでがいてこの4人は筋トレ初心者です。
    そして彼らは腕立て伏せの自重トレをやっていたのですが効果が出ないので
    ベンチプレスでトレーニングすることにしました。


    ちなみに彼らのスペックはこんな感じです。

    Aさん  体重60kg   目標負荷重量60kg
    Bさん  体重55kg   目標負荷重量55kg
    Cさん  体重80kg   目標負荷重量80kg
    Dさん  体重70kg   目標負荷重量70kg


    ベンチプレスの重りの目安としては自体重を上げられるようになれば一人前です。
    だからAさん~Dさんの目標負荷重量は各々の体重となります。


    このぐらいを3~4セット上げることができれば中級レベルになります。
    そして彼らの筋肉は更にうなぎ上りに大きくなるでしょう。

    しかし、彼らは今までは腕立て伏せをやっていました。
    ちなみに腕立て伏せをやっている時にかかる負荷重量はこんな感じです。
    ※負荷重量は自重トレの場合、大胸筋以外の様々な筋肉に分散してしまいます。

    Aさん  体重60kg   負荷重量30kg
    Bさん  体重55kg   負荷重量27.5kg
    Cさん  体重80kg   負荷重量40kg
    Dさん  体重70kg   負荷重量35kg


    賢い貴方は気付いたと思います。
    例えばAさんの筋肉が大きくなる目標負荷が60kgなのに、腕立て伏せで
    かかる負荷はたったの30kgです。


    これでは筋肉が大きくなるわけありませんよね。
    そして重さが軽いので回数も何回もできてしまうので筋持久力だけがアップします。

    だから、負荷重量30kgのAさんは失敗、負荷重量27.5kgのBさんも失敗・・
    ・・・結局、負荷重量35kgのDさんも肉体改造に失敗します。

    そして全員が肩を落とす羽目になるということです。
    そういう訳で、Aさん~Dさんの延長線上でもしも貴方が自重トレを始めて
    しまったら・・・結果は見えていますよね。


    こんな例を踏まえたレポートを執筆中です(笑)

    PS

    最近プロフィールを更新しました。
    ぜひぜひ読んでみて下さいね、僕の全てがわかってしまいますよ。

    プロフィールはコチラ

  • ▲ページの先頭へ