ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編 » オールアウトさせるテクニック

オールアウトを制するものは筋トレを制す

  • 筋トレの効果を最大限に得るために大切な事は、筋肉を限界まで追い込む事です。


    「筋肉を限界まで追い込む?」

    なんだか意味わかんない人も多いかもしれません。
    つまり1セット中に自分の力を全て使いきり、もう動かせないところまで追い込む事です。
    そうすることによって超回復の効率が期待できます。

    こんな話を聞くとなんだか辛そうと思っている人もいるかもしれません。
    例えば、ジムに行ったことがある人なら、一度は見たことがある光景です。
    ベンチプレスなどをやっている人が、

    「8回・・・・・9回・・・・・・・・・10・・・・ウォーーーーーッ・・回」

    こんな感じで叫んでいる光景があります。

    参考例↓


    極端な例を言えば、この「ウォーーーーッ」と言ってしまう時まで
    筋肉を追い込みましょうって話です。

    「そんなの無理!」

    って思っちゃうかもしれませんが、筋トレのやりかた次第では何も

    「ウォーーーーッ」
    って叫ぶまで持っていかなくても筋肉を限界まで追い込む事は可能です。
    叫ばないでも筋肉を限界まで追い込む事やりかたは無料メール講座で
    解説していますので興味がある方はそちらを参考にして下さい。

    さて、話をもとに戻します。

    「オールアウト」とは筋肉を限界まで追い込む事と解説しました。


    もう少し深く突っ込んで話をすると、

    通常、人間は体力の限界よりも精神の限界の方が早い段階で訪れます。
    これは根性の有る無しでは無くて、肉体を酷使して壊れてしまわないように
    備わっている自己防衛のための回路みたいなもんなんです。

    ですから筋トレの時も、「もうこれ以上無理・・・」と思っていても、体の方には
    もう少し余力があります。


    この余力を引き出して限界近くまで追い込む事をオールアウトといいます。
    極端な例を挙げるとボディービルダーたちは常にいかなる時でもオールアウト
    させることが全てです。

    「オールアウトさせないとぶっちゃけ意味がないのです!」

    まあ、僕たちはそこまで卑屈になってオールアウトさせようと考える必要は
    全くないと思います。
    そんな風に考えてしまったら楽しく筋トレできないので(笑)

    でも僕に限っていえば、特殊な筋トレ法を採用しているので
    10回に9回ぐらいの割合で叫ばなくてもオールアウトできています(笑)
    機会があったらそのノウハウもご紹介できればなと思います。

    でも、もしその前に知りたいという方は僕に直接メール下さい。
    ブログのTOP画面からメール送信フォームがありますのでそちらからお願いします。

  • ▲ページの先頭へ