ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編 » ぶっっちゃけメチャクチャ聞いて欲しい話

1ヶ月で肉体改造?!

  • どうも、KENです。
    さて、今日は嬉しい話題を一つ(笑)
    僕のメール講座受講生がなんと1ヶ月で肉体改造に成功しました。

    わ~パチパチパチ(@@)

    その方は元もとの体重75kgに対して体脂肪が24%と超メタボという感じでは
    なかったそうですが筋トレ経験はほとんどなし。


    だから最初の頃は2日に1回ぐらいスカイプでコンサルをしていました(笑)
    まあ、確かにいくら簡単なノウハウでも筋トレ経験なしならダンベル持つのも
    怖いですよね。

    だって初めは結構ずっしりくるし、ジムを見渡してみるとダンベルが置いてある
    フリーウエイトコーナーは中級者以上のトレーニーが多いから。

    でもそんなことはどうでもいいこと。
    要は、怖かろうが恥ずかしかろうが2ヶ月で理想の体を手に入れることが一番重要。


    だから中級者や上級者に笑われようが関係ないですよ。
    最初は誰でも初心者だから。

    今回1ヶ月で肉体改造に成功した人は周りの目など気にしないで、僕のアドバイス
    通り忠実にトレーニングをしてくれました。

    そしてノウハウを食い入るように見ながら覚えたものだから、一切のブレもなく
    わずか1ヶ月で肉体改造に成功したそうです。

    また、確かに筋トレ以外にも有酸素運動を筋トレ直後に45分くらいやったそうですが
    僕は本当に彼は良くやったなと思います。

    つまり本当に心の底から肉体改造がしたかったんだなと思いました。

    ひょとしたら体質的に太りやすいけれど、筋肉さえつけば痩せやすいタイプだった
    のかもしれません。

    でも、結果だけ見ると、彼は僕よりも短期間で理想の体を手に入れたことになります。
    しかし、そんな彼でも肉体改造をまじめにやろうと行動を起こさなければ今でも
    メタボのままだったわけです。


    また、自重トレや雑誌のありきたりのノウハウでやろうと思っても結果は同じこと。
    なぜなら2ヶ月間という短期間で結果を出すことは実質不可能に近いから。

    そして彼はそれを理解できたから、少々の投資をして僕と肉体改造を始めるといった
    行動を起こしました。

    人間は行動を起こそうと思ったら、思ったその一瞬を逃すと行動しません。
    つまり、もしあなたがこのメルマガを読んで行動を起こそうと思っても、今すぐではなく
    明日でいいやと思ってしまったら何もしないでしょう。


    だからあなたも行動を起こすことをためらわないで下さい。
    その行動を起こすことによって、今回、最短で肉体改造に成功した彼のように
    男としてのレベルが格段とあがります。

    だから最近トレーニングに行き詰っている人、肉体改造になんとしても成功したいと
    切に願っている人、そして自分を変えたい人。。

    本気で行動を起こして2ヶ月間頑張ってみましょうよ。
    今日はここまでです。

    筋トレダイエット請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

筋トレやダイエットで結果を出す重要○秘法則

  • どうも、KENです。
    さて、今日は何も筋トレやダイエットだけの話だけではないのですが
    目標を持たなくては何事も達成は難しいよと言った話をしましょう。


    それではまずは筋トレを例にとります。
    あなたは筋トレをするときにしっかりと目標を持ってトレーニングを始めていますか?

    つまり理想のカラダをあなたの脳みそにインプットしていますか?ということ。
    まさかこれをしないで適当にトレーニングしていませんよね?


    もしそうだとしたら結果を出すのは非常に厳しいですね。
    言い方が悪いかもしれないけれどそれは『適当』にやっているを意味します。

    例えば、大学受験の話を考えてみて下さい。
    あなたは目標とする大学を決めないで受験勉強しますか?って話です。

    東大なら東大、慶応なら慶応大学を目標として、壁に『必勝!!』とか書いた
    張り紙を壁に貼って勉強に励むはずです。

    これは筋トレやダイエットも同じことですよ。
    目標とするものを脳裏に描くから、脳みそもそれを現実に近づけようとするんです。


    実際にこれは脳科学的にも立証されている話です。
    だから1流のスポーツ選手はこの方法で脳みそをマインドコントロールしています。

    またモチベーションを上げるという観点からみても脳裏に焼き付けることは+です。
    だから何をするにしてもしっかりと目標を設定して、それを脳みそに
    インプットするようにして下さい。

    もう一点、肉体改造に成功して何かをしている自分をイメージするようにして下さい。

    例えば、モテてモテてしょうがなく週代わりで違う女性と遊んでいる自分でもいいし、
    性格が180度変わって超積極的な男に生まれ変わっている自分でもいいです。

    人間は素敵な未来があるから明日へ向かって生きています。
    未来が絶望だったら生きる術を失いますよね(苦笑)

    ベンツを買うのもベンツを運転しているカッコいい自分を想像してベンツを買うわけです。
    ただ単純に未来の自分は全く関係なく、ベンツのみが好きでベンツを買う人は
    余程の変人です。

    より良い未来の自分を描くことは人生を謳歌するうえで非常に重要なんです。


    だから今すぐに理想のカラダである目標を考えて、脳みそにインプットして
    それに向かってトレーニングしてみて下さい。

    ・目標とするカッコいいからだ
    ・肉体改造解体新書

    これらがあれば2ヶ月で肉体改造に成功できない理由はぶっちゃけありませんよ。
    それでは今日はここまでです。

    僕のプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

筋トレで成功したいなら今日の話は超重要

  • どうも、KENです。
    さて、今日はなぜ多くの人が肉体改造に失敗するか理論的に説明しましょう。

    まずは肉体改造に成功するためのプロセスは以下の5つからなります。
    まあ、これは肉体改造だけではなくてビジネスでも当てはまりますが(笑)

    1・肉体改造をに成功した理想の自分の把握
    2.現在のなりたくない自分の把握
    3.現状の把握
    4.現実と理想をつなげる方法論の確立
    5.現実と最悪をつなげないためのルールの確立


    まずは1からです。
    自分がどうなりたいかを把握しなくてはなりませんね。

    例えば、ブラット・ピットみたいになりたいのか、EXILEのHIROさんのように
    なりたいのかとか、ここが抽象的だとモチベーションも上がりません。


    これはメール講座でも話した記憶がありますがここについては本当に多くの人が
    結構適当です。

    でもそれじゃあ、駄目ですよね。
    なりたい自分を把握していないで一体何を目指す気ですかって話ですよ。
    適当にやってはいけません。

    だからぶっちゃけまだ理想を描けていない人は思い返すようにして下さい。

    次に2番目です。
    なりたくない自分の把握です。

    そして、もし現時点でメタボな状態なのに、今のままでいいやというのなら
    もうすでにゲームオーバーってことです(笑)

    お前はもう死んでいる・・・・by ケンシロウ です。

    もしそうなら、肉体改造をしようという行動すら起こさないで惰性での生活を
    余儀なくされるでしょう。

    まあ、僕のメルマガ読者さんの中にはそんな人はいないと信じていますが。。

    そして3番目の現状の把握です。
    これは現時点における自分のスペックを細かく分析してしっかりと把握することです。


    まあ、体脂肪計などで細かく分析することです。
    これについてやらないでダイエットだ筋トレだと騒ぎ立てて始める人がいますけど
    順番が違いますよね。

    自分が今どういう状態か理解しないでどうやって細かい目標を立てるの?
    まさか適当にできもしない数字を掲げる気ですか?

    でもしっかりと現状を把握していれば大丈夫です。
    4番目につなげることができます。

    そして4番目の現実と理想をつなげる方法論の確立に入ります。
    これはどういうトレーニングをすれば今の状態から理想のカラダに持っていけるかの
    戦略の意味です。


    つまり、筋トレメニューや有酸素運動、食事制限をどこまでやればいいかの確認です。
    例えば体脂肪を15%落としたいならやはり筋トレだけでなくて、他の2種類も
    やった方が結果が出るのは早いでしょう。

    そして、筋トレも時間が取れるようなら、僕の肉体改造解体新書~後編に書いてある
    メニューを週3回1ヶ月間は続けてみるとかの戦略が立てられます。

    またもし5%減程度なら、筋トレを1つのパーツ2種目づつだけ行い、更に軽い食事制限を
    やる程度で大丈夫などの計画が立てることができます。

    最後に5番目です。
    現実と最悪をつなげないためのルールの確立。。どういうことかわかりますか?

    まあ簡単に言えば、最悪とは肉体改造をせっかく始めたのにカラダに変化が現れずに
    途中で挫折してしまうことです。


    そうならないためにどうすればいいかを考えておきましょうて話です。
    つまり通信講座の例で言うと、自己流で筋トレしない。
    そのためにしっかりとまずは筋トレフォームをカラダに覚えさすということです。

    自己流で筋トレしても本当にいいことがありません。
    僕も以前はそうでしたが頑張りと成果が反比例してしまうとても悲しい状態です。

    さすがに僕も当時はモチベーションを落としまくっていました(苦笑)
    まあ、今となっては良い思いでですけどね。
    だから独りよがりなトレーニングはやめたほうがいいです。

    それではもう一度確認しましょう。

    1.理想の自分の把握
    2.なりたくない自分の把握
    3.現状の把握
    4.現実と理想をつなげる方法論の把握
    5.現実と最悪をつなげないためのルールの確立


    今回の話は何も筋トレやダイエットだけの話ではないので、あなたの日常生活に
    何か当てはまるようなことがあればこれを意識してみてくださいね。

    以上、今日はここまでです。

    僕のプロフィールはコチラ

  • ▲ページの先頭へ

筋トレダイエットに本当に成功したいんですか?

  • どうも、KENです。
    さて、今日は肉体改造に成功する人としない人の違いを教えていきますね。
    まあ単刀直入に言えばやる気があるか無いかです。


    このテーマはよくメルマガで書くのですが、昨日の夜ちょっと驚いたことが
    あったので再度書こうと思ったわけです。

    それは、ここ最近僕の通信講座に入って肉体改造をやってやろうと思って
    加入してくれた20代前半の若者の話です。

    そして彼の意気込みと本気さが半端ないんです。
    彼はどうしても来年の頭までに肉体改造しなくてはならない理由があるそうです。

    その話はメールでのやり取りで僕は知っていたのですが、昨日いきなり
    スカイプで僕にコンタクトしてきました。

    そして何回かチャットをしていたのですが、彼から少し話したいと言って来ました。
    僕はその時は特に込み入った用も無かったので30分くらいコンサルしました。

    その時僕は、彼の肉体改造に成功したいという熱意がヒシヒシと伝わってきました。
    またそれと同時に僕は思いました。

    彼は肉体改造に成功するだろうな。。。

    やはり何事も適当にやって成功するわけがありません。
    もし成功したとしても、それは事故つまりたまたま成功しちゃっただけです。


    彼にも言いましたが、何かを成し遂げるために頑張るのは人生の中で考えると
    一瞬です。


    でも、たったその一瞬をがんばれない人が本当に多い。。
    それが僕がよく口に出す怠惰、つまり自分の弱さですよね。

    やっぱテレビを見ている方が楽なのは小学生でもわかります(苦笑)
    しかし何かの目標に頑張っている人はテレビを見ていることに危機感を感じます。

    ビジネスも肉体改造も恋愛も何でも本気にならないと行けない時はやっぱありますよ。
    片手落ちで高い目標を達成できる人は極一部の天才といわれる人です。

    だから僕みたいな凡人は、やると決めたら妥協しないで頑張る必要があります。
    でもその見返りとして何かを受け取ることができるわけです。

    それは、ビジネスで言う報酬かもしれないし、ダイエットでいうスリムなカラダ
    恋愛で言うならかわいい好みの彼女です。

    別に人並みの報酬でいい、ぽっちゃりなカラダでいい、あんまタイプでない彼女でいい
    というなら片手落ちでゲットできるでしょう。

    でもあなたが求めているのはそんなレベルの低いものではないですよね?
    だったら目標に対して妥協しないで頑張るべきですよね。


    それは長い人生の中で考えたら一瞬ですから(笑)
    だから何か目標があるのならその目標に向かって頑張ってみて下さいね。

    僕のプロフィールはコチラ

  • ▲ページの先頭へ

筋トレやダイエットで成功する人としない人

  • どうも、KENです。
    さて、今日は肉体改造で成功する人としない人の違いを話していきます。
    それは・・・やる気があるかないかです。

    「ぶっちゃけ超簡単な話です。」

    例えば僕のメール講座では読者さんに質問をしていますが、やる気がある人は肉体改造についての質問がメチャクチャ多いです。


    また、通信講座を受講している方たちも同じです。
    とにかく疑問点は根掘り葉掘り聞いてきます。
    そして僕は相手が納得して頂けるまで質問に答えますよ。

    でも、一方で肉体改造をしてみようかな位の人からはあまり質問が来ません。
    筋トレやダイエットをしている時に、「あれ?おかしいな?」と思うことが
    あるのはあたりまえです。

    例えば、自分ではまじめにやっていると思っているのに体脂肪や体重がピタリと
    変動しなくなることは多いですよ。

    それは単純にやり方に問題があるか、まじめにやっていないかのどちらかです。

    そんな時は今まで通りのトレーニングを続けても現状を打破できずに、停滞期が
    続いてしまいます。

    そしてその停滞期が長い間続いてしまうと、モチベーションが下がりトレーニングを
    サボりがちになり結局やめてしまうといった悪循環に陥ります。

    でも、ちゃんとやる気がある人は停滞期になったり、疑問点が出ると僕にすぐに
    質問をくれます。

    たったメール1本の話ですよ。
    そんなの10分くらいでかけるじゃないですか(笑)

    それで今ぶつかっている壁を壊すことができればぶっちゃけ素晴らしいことですよ。
    だって肉体改造に成功できるチャンスがまた復活するのだから。

    筋トレやダイエットで成功者がなかなか出ないポイントはここです。
    誰かに相談できる環境がほとんどの人はないからです。

    でもあなたは違いますよね。
    僕がいるじゃないですか(笑)

    だから何か壁にぶつかったら僕にメール下さい。
    自分の中だけで処理しようとして、違うやり方をしてしまったら大変です。

    効果がでなくなり、モチベーションがガクンと下がってやめてしまうといった
    「魔のスパイラル」の陥る可能性が高いです。

    そうなる前に、僕に相談してくださいね。

    僕のプロフィールはコチラ

  • ▲ページの先頭へ

筋トレしてもカラダが変わらない虚しさ。。

  • どうも、KENです。
    さて、今日は最近特に多い質問について答えていきます。
    それは筋トレを定期的にやっているんだけど初めだけで、そのあとは筋肉が
    増えている感じがしない、もしくは全然カラダが変わらない。。

    といった内容の質問です。

    まさかあなたはそんな心当たりはありませんよね?

    もしもあるというのなら今すぐに筋トレのやり方を見直してみたほうがいいです。
    なぜなら効果を感じない、筋肉が増えないというのは明らかにトレーニングがなあなあに
    なっている証拠だからです。


    つまり筋肉がそのトレーニングに対して全く筋肥大のための刺激を受けていないのです。

    筋トレを始めた頃は今まで全くトレーニングをやっていなかったのだから、ちょっとの
    筋トレでも筋肉に刺激が入るのはあたりまえです。

    でもそれを続けていくうちに、どんどん筋肉が刺激に慣れてしまうので停滞、つまり
    筋肥大が起こらなくなってしまいます。

    それを解消するにはやはり今やっているトレーニングを見直してしっかりと筋肉に
    刺激が入るトレーニングを採用するしかありません。

    僕はメール講座では結構口をすっぱくして言っていた事を覚えていますか?
    腕立てなどの自重トレはまさに今回の例に当たります。
    つまり最初だけであとは筋肉がなあなあになり刺激が入らず筋肥大しません。


    また1セット×10回のやり方でもウエイトの重さを定期的に上げないとこれと
    同じ現象が起きるのは必須です。

    でも1セット×10回ってまじめにやると3セット以降は結構つらくなるのでウエイトを
    下げてしまいがちですよね。
    だからまた、筋肉に刺激が入らない現象が起きてしまい筋肥大が止まります。

    ここでウエイトをしっかりとピークまで上げ続けて、筋肥大をし続けている人は
    結構ドMな人です、なぜならつらいことや痛いことを快感に感じてしまうから(笑)

    まあ、普通の筋トレを何年、何十年続けている人は明らかにドMですけどね(苦笑)

    こういったこともあり僕が肉体改造に成功したノウハウを薦めているわけですね。
    このノウハウはこういった筋肥大が止まるという現象が極めて起きにくいから。

    それは少ない回数で行うからウエイトを上げ続けられるからですね。
    正しいノウハウでウエイトを定期的に上げながらトレーニングすると、ウエイトに比例して
    筋肉もどんどん大きくなります。

    なぜならより重いウエイトを上げるためには、筋肉を増やさないとそのウエイトの負荷に
    耐えられないのは必然ですよね、小学生でもわかります。

    結論として、筋肉を増やしていきたいなら、それに比例するためのダンベルウエイトを
    定期的に上げていこうって話です。
    毎回毎回、同じ重さでトレーニングをしても筋肉は刺激に慣れてしまい筋肥大は止まります。


    そして、回数重視のトレーニングと僕が実践している質重視のトレーニング
    どちらが定期的にウエイトを上げられるか?

    言うまでも無く、回数をあまり意識しない質重視のトレーニング、つまり僕が実践している
    トレーニングですよね(笑)

    極端な話、女性でも定期的にウエイトを上げ続けることが可能ですから。

    だから筋トレを定期的に続けているけれども、効果が停滞している方はもう一度やり方を
    見直してみてください。

    そうすれば、今年中に肉体改造に成功して、来年からは心機一転で理想のカラダで
    スタートダッシュをかけられますよ。

    僕のプロフィールはコチラ

  • ▲ページの先頭へ

筋トレして筋肉がある人が太らないもう一つの理由

  • どうも、KENです。
    さて、今日のテーマはどうしてある程度カラダが出来上がっている人は太らないで
    メタボな人はどんどん太っていくのかについて書いていきます。

    あなたはどうしてだかわかりますか?

    『・・・』

    わからないようなので教えましょう(笑)
    それについては考えられることは2つありますね。

    まず一つ目は、筋肉がある人は基礎代謝が高く、脂肪を燃やしやすいカラダだからです。
    これは僕のメール講座でも何度も言ってきた事ですね。
    だから、あえてこの場では言及しません。

    問題は2つ目の理由です。
    それは・・・ある程度カラダができている人は脂肪がついた時すぐにわかるからです。
    つまり、メタボな人は体重計に乗らないと脂肪がついたなんてわからない訳です(苦笑)


    そりゃあ、そうですよね。
    例えばあなたが腹筋がうっすら割れてたとしましょう。

    でも度重なる暴飲暴食、それに加えてトレーニング不足で恐らくお腹に脂肪がつくはずです。
    もしそうなった時にはすぐに気付いてしまうのです。

    『あれっ?ちょっと脂肪がついちゃったかも、やばいな・・・』

    そういって、有酸素運動をやったり軽い食事制限をしてしまうものです。
    しかしそれは1週間もあれば元のカラダに戻ります。

    一方で、メタボであると自分の腹回りが増えてしまったとかが、あんまりわかりません。
    だから有酸素運動もやらないし、食事も気の向くまま食べてしまいどんどん
    太ってしまうのです。


    まあ、もちろん体重計に乗ればそれを防止することができますけど太っている人は
    特に体重計に乗ることを嫌がります。

    軽い現実逃避ってやつですね。
    でもいつまでも現実逃避していては一向にカラダは変わらないことを知って欲しいですね。

    やはり逆三角形のカッコいいカラダつまり、理想のカラダは正しい方法で筋トレして
    定期的にトレを続けることができた人だけがもらえるものです。

    だからあなたが本気で肉体改造して、理想のカラダを手に入れたいのなら
    しっかりと2ヶ月間は筋トレを定期的に続けてみて下さい。


    僕の筋トレノウハウなら、まじめに続ければたった2ヶ月でOKなので。
    2ヶ月間なんてあっという間ですよ。

    さあ、今から始めて今年中に理想のカラダをゲットして、来年からは何事も自分に自信を
    持って行動できる男になり健康、恋愛、仕事を極めて最高の年にして下さいね。

    人間は案外簡単に変われるものですよ(笑)
    今日はここまでです。

    僕のプロフィールはコチラ

  • ▲ページの先頭へ

恥ずかしいと思う気持ち・・・そんなのいらないですよ。

  • どうも、KENです。
    さて、今日はひとつ興味深い話をしましょう。
    それは恥ずかしいと思う気持ちを持つことは非常に損という話です。


    例えば、筋トレの例で言うとあなたがジムでベンチプレスをやっていたとします。
    そして追い込みのためにインストラクターに補助をお願いしたいけど
    インストラクターが忙しそうだから声をかけれない。

    もしそうやって補助なしで最後まで追い込まずに終わらせたとします。
    でもその時は、補助をお願いした時と比べると効果は半分になるかもしれません。


    それだけ筋トレはオールアウトつまり筋肉をとことん追い込むことが重要です。
    せっかく忙しい時間を割いて筋トレしているのに、恥ずかしさのために補助を
    頼めないなんてメチャクチャ損をしていますよね。


    実際、全然恥ずかしくないしインストラクターは『忙しいのにうぜえなぁ』
    なんて気持ちは1mmも持っていませんよ。
    だって彼らは忙しければ忙しいだけ楽しいのだから。

    また別の例で言うと、好きな人に恥ずかしくてデートに誘えないなんて
    事も愚の骨頂ですよね。


    一体何が恥ずかしいんですか?
    自分の気持ちを素直に伝えることができない方が、自分自身を恥じるべきです。


    ましてや、女性だって遊びではなく真剣に誘ってくれるなら『うざい~』
    なんて思いませんよ。

    まあ、もしもうぜぇなんて平気で思う勘違い女がいたらこちらから
    相手にしないほうがいいですけどね(苦笑)
    そんな女はたいてい中身がなく、付き合ってもメリットがない女なんで。

    兎に角、恥ずかしいと思ってしまうことの先には、あなたにとってメリットが
    多いケースがほとんどなのです。


    だからこれをしたら恥ずかしいなと思うことは逆にやってしまいましょうよ。
    そのうち慣れてきてなんとも思わなくなってきますよ(笑)

    そうなってしまえばあなたの男としてのステイタスがグンと
    上がること間違いなしですよ。

    僕の詳しいプロフィールはコチラ

  • ▲ページの先頭へ

カラダを絞るなんて笑っちゃうくらい簡単なんです

  • どうも、KENです。
    さて、今日は筋肉をつけることではなくカラダを絞りることについて話します。
    例えばあなたがカラダを絞ろっかなと思ったとすればそれは自由自体ですよ。

    どうするかといえば、今まで通りに筋トレは続けてもらいそれに有酸素を加えるだけです。
    それだけであなたは自由自在に有酸素の頻度を調整しながらカラダを絞ることができます。

    でも、もちろんこれはある程度筋肉がついている逆三のカラダのみの話です。
    なぜなら筋肉がついていないと、脂肪を効率的に燃焼する回路がないからです。


    だからとりあえず脂肪を燃焼しやすいカラダを作る事は必須です。
    そんなカラダを一回でも作ってしまえば、もう二度と肥満に悩むことはなくなります。

    しかし多くの人が、このような肥満にならない機能的なカラダを作れないんですよね。
    だから食事制限や有酸素のみ、サプリなどの簡単に見えるダイエットに走ってしまう。。

    でも筋肉は一切増えていないから、一時的に痩せてもすぐにリバウンドをしてしまう。
    これが世の中における典型的な肉体改造の失敗例です。

    食事制限やサプリだけで健康的な肉体改造ができるなんて、もはや幻想ですよ。
    だってDHCなどのサプリダイエットのモデル達(Q太郎や山ちゃん)は
    サプリ飲んでるかもしれないけど、ジムで筋トレはやっていますよ。

    やってなかったらあんなカラダ締まってないですよね。
    あのカラダはパーソナルトレーナとかをつけて肉体改造したってことですよ。


    なぜなら芸能人で忙しい彼らが筋トレのことを勉強する時間なんてないですから(笑)

    まあ、兎に角いつでも自由自在に好きな時に絞れるカラダを作りたい人は
    まずは1度、肉体改造に本気になってみて下さい。

    そのためには、やはり正しい方法で筋トレをすることが必須となります。
    だから腕立て伏せなどの自重トレーニングは絶対に駄目ですよ。


    しっかりと効率よく短期間で肉体改造ができる方法でカラダを作ってくださいね。


    PS

    僕はほぼ毎日ツイッターで肉体改造に対して、ためになるつまり、
    興味深そうなことを呟いています。

    だから僕のツイッターをぜひ参考にしてみて下さい。

    ツイッターはコチラ

    また、ブログでとりあげて欲しいトピックスがあれば呟いて下さい。
    それを次回以降のブログの話題として反映させますよ。

    そして呟いてくれたそのお礼に「肉体改造解体新書~特別編」
    アップロード版を差し上げます。



    これは前後編120ページ以上あるレポートの番外版みたいなもので
    最近ではもう無料メール講座でも配っていません。

    つまり、僕のツイッターに呟いてくれた人のみの特典となります。

    その請求は下記フォームから申請して下さいね。
    「呟きました。」の一言でOKです。

    メールはこちら


    それではたくさんの呟き依頼待ってますね(笑)

    PS2

    ダイエットの失敗談を募集しています。
    そして、そのダイエットでどうして失敗してしまったかを僕の視点から
    アドバイスをしていますので興味がある方はメール下さい。

    メールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

安心による消極的思考は人生を台無しにする。

  • こんばんわ、KENです。
    さて、いきなり質問ですけれどはあなたは今の生活に満足していますか?
    ちなみに僕は全然満足していません。

    身体的なことに関しては肉体改造に成功したので、ある程度の満足感はあるけれど
    それでもまだ発展途上であると考えています。

    肉体改造に100%はありません。
    なぜならやればやるだけ「もう少し、あと少し!」と思うようになり終わりがないからです。


    ジムに何年何十年定期的に通っている人がそんな典型的な例です。

    だから僕は目標の80%くらいまでいけば肉体改造に成功したと考えています。
    まあ、でもほとんどの人が30%もいかずにあきらめてしまうのが現状ですけど(笑)


    でも僕のブログを読んでくれているほとんどの人は今、理想のカラダを目指して
    肉体改造に取り組んでいる人だと僕は信じています。
    そして近い将来、肉体改造に成功して僕に報告のメールをしてくれるでしょう。

    では、ここでもう一つ質問です。
    なぜ太っていると自分でわかっているのに、ダイエットをしない人が
    こんなに多いのでしょうか?


    そしてこれについての僕の考えはこうです。
    現状の生活に満足してしまっていて、何かをしようという気が起こらないからです。


    以前の僕は少なくともそんな感じでした。

    付き合っている人がいて、仕事もそこそこ楽しくて、週末には飲んだり騒いだり
    する仲間がいて特に不満がない。


    例えば、あなたが結婚していて子供がいて給料もメチャクチャ多いわけでは
    ないけれど、生活していけるぐらいはもらっている。

    そして週末は家族や友人と一緒に過ごして、メチャクチャ楽しいわけではないけど
    まあまあ楽しい休日を和気藹々と過ごしている。

    そんな日が毎週、毎月、毎年と永遠に繰り返されるとしたら、別につらい肉体改造
    つまりダイエットや筋トレをしようと思わないのが普通です。


    だって人間はつらい事やめんどくさいことが大嫌いだからです。


    だからそんな人たちは肉体改造を一生やろうと思わないでしょう。
    でもね、僕が言いたいのはそんなルーティーンな毎日は確かに安心でそこそこ楽しいけど
    もっと違う世界があるよってことです。


    人生は一度きりじゃないですか。
    死ぬ間際に今までの人生、特につらいこともなく波風立てずに生きてこれて良かったなと
    思い返すことが本当の幸せな人生なのだろうか?


    僕は違うと思います。
    つらいことや、より面白そうなことにどんどん首を突っ込んで全力疾走する人生が
    本当に生きてきたと感じる人生なのではないかな。


    まあ、典型的な例が芸能人ですよね、本にもなりそうな波乱万丈な人ゴロゴロいます。

    これは人が持つ価値観の違いかもしれないけど、あなたには自分の人生で楽なことだけ
    追い求めずに、つらいことも「なんだこのヤロー!」と思いながら向かっていって欲しいです。


    結局、肉体改造や仕事に成功する人ってそんなアグレッシブな目立つ人が多いですよ。
    だってそんな人が回りにいたら応援してあげたくなりますよね。

    今日はちょっと趣向を変えたような内容でした。
    同じような筋トレやダイエットねただと、僕の思考もルーティンになってしまうので(笑)
    今日はここまでにしておきます。

    PS

    ダイエットの失敗談を募集しています。
    そして、そのダイエットでどうして失敗してしまったかを僕の視点から
    アドバイスをしていますので興味がある方はメール下さい。

    メールはこちら

  • ▲ページの先頭へ