ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 何が正しいか100%わかることはない

何が正しいか100%わかることはない

  • どうも、KENです。
    お正月はいかがお過ごしですか?


    僕は超まったりしながらこうやってブログを更新しています(笑
    だからあなたも正月らしくまったりとしながらブログを
    読んで頂けたらと思います(笑


    さて、今日はタイトルの通り、何が正しいなんて100%わかる
    ことはないという話をしていきます。


    つまりこの世に生死以外に100%はないという話です。


    それでは具体的な例を挙げながら話していきますね。

    まずはこの記事をご覧ください。


    これはSTAP細胞についての関連記事です。
    あなたはこのトピックスについてご存知かと思います。


    STAP細胞は年間を通して話題になりましたよね。
    小保方さんの、『STAP細胞はありま~す。』という言葉を
    ニュースで聞いたことがあるかもしれませんね。

    YOUTUBEオモシロ映像


    そしてこの件に関してはSTAP細胞はないという結論で
    決着がついてしまいました。


    その上、小保方さんは勤めていた理化学研究所を退職
    して今は自宅休養中とのことです。


    ここまでざっと簡単な背景を話しましたが、ここで念のため
    STAP細胞とは何なのかを簡単に説明すると、


    STAP細胞とは驚異の治癒能力を持った細胞です。


    だから、例えば、指がなくっても生えてくる(ピッコロのような能力)
    なんてことも可能になるそうです。


    だから薬がいらなくなってしまうという未来を創ることが
    可能なエポックメーキング的な細胞なのです。


    もちろんこんな素晴らしい細胞を発見出来たら当然ノーベル賞は
    確定であると断言できるでしょう。


    しかし、この細胞を小保方さんチームは発見したと論文で
    発表したにも関わらず、それを証明することができなかった。


    その結果、様々な業界から小保方さんは叩かれています。


    客観的に見ればそれは当然のことで、詐欺だから当たり前じゃねーか
    と多くの人が思うでしょう。


    客観的に見ればね(笑


    でも、ここであなたに考えてみて欲しいのですが、理化学研究所
    のような日本で指折りの研究機関に入ることが出来る人が、そんな
    詐欺まがいのことをするかということです。


    少なくとも彼女らは僕らよりも頭が何十倍も良く、脳力が非常に
    優れていると思います。


    ここを客観的に判断して欲しいと思います。
    小保方さんが叩かれる背景と同じで客観的に判断してください。


    そんな人達が後から詐欺じゃねーかと言われるようなことに
    対して誤った情報を発信するのでしょうか?


    もう一つ細かい背景を説明すると、この小保方さんの上司にあたる

    笹井芳樹さんは30代で大学教授になったスーパーエリートです。



    そんな人が論文の監修をしていたのだから、その時点で論文に
    不備があるのなら却下されるはずなのです。


    そう考えると今回問題になったSTAP細胞とはいったい何なのか?
    果たして僕らはマスコミが報じることに素直に耳を傾けていいものか?


    そんな疑問を感じてしまう人がいてもおかしくありません。


    もしもSTAP細胞の発見が一般化すればこの世の中に薬が必要なく
    なってしまうことを意味します。


    そうなると○○業界は崩壊してしまうのは必須ですよね。
    もちろんこの○○についてはお判り頂けると思います。


    結果全てのメカニズムに狂いが生じてしまう。
    だから発見は正でもあり負でもあるということです。


    世の中は抽象の概念から成り立っているわけです。

    こんなイメージです。


    つまり、この三角形の頂点に君臨する人たちが世界を動かして
    いるということです。


    ロックフェラー一族をはじめとした、世界の大富豪たちですね。
    そんな彼らの真実(戦略)を僕らは見ることができない。


    一方で、僕らはどちらかというと抽象ではない『具体』つまり
    三角形の下の方にポジショニングされるのです。


    そんな僕らが三角形の頂点に立っている人たちのことを
    いくら見上げても知ることは不可能なんですよ。


    ただ唯一出来ることは彼らが発信した内容(戦略)をマスコミを通して
    素直に実践(戦術)していかなくてはならないということ。


    要するに彼らの戦略を通して、僕らが戦術として落とし込み
    日本経済を回していくということです。


    今回の例でいえば、彼らがSTAP細胞はないと言えば、例え
    あっても『ない』という事実に変わってしまうということ。


    そう考えると、何が正しいかなんて本当にパラドックスでしょ(笑


    だからあなたも客観的なものが必ずしも正しいという認識は
    捨てて本当に正しい判断を自分自身でしてみてください。


    そのためにはある程度の判断できる材料(知識)が必要になるので
    来年も一層自分自身のステージの上昇に努めて下さいね。


    その結果、周りより1歩、2歩先を歩ける人間に近づくはずですから。


    それでは今日はここまでです。
    何か疑問点があればメール下さい。


    メールはこちら


    ↓LINEはこちら

    LINE ID :yahkentaro

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ