ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » ギャル文化万歳(笑

ギャル文化万歳(笑

  • どうも、KENです。


    さて、今日はなんだか悲しくなる記事を見つけたので
    あなたにシェアします。


    こちらをご確認ください


    今の若い人はわからないかもしれませんが、昔は渋谷を
    中心としてギャル(総称)というものが存在しました。


    ガングロギャル、コギャル、ヤマンバ、美白ギャル、、、、など
    種類が豊富で、ある意味時代の先駆者として活躍していた
    時代もありました。


    でも、今ではその波も淘汰されてしまい、ギャル=ダサいと
    いった方程式が出きてしまっているようです。


    安室奈美恵や浜崎あゆみが全盛期だったころがピークだった
    ような気がします。


    安室はどうかわかりませんが、浜崎あゆみは今年の紅白は
    出場しない(卒業)らしいです。


    ちょっとかわいそうな言い方をすると新しい波に飲まれて
    しまったということです。


    卒業という言葉で着飾っていますが、出場オファーがなかった
    ということでしょう。


    それを考えると時代ってやはり、どんな業界でも移り変わって
    いるのだなと改めて思いました。


    このことに関して、違う観点からみると時代ってある意味それ
    自体生き物であると表現できるでしょう。


    しかし、ここであなたから時代は言葉や流れであって生き物じゃ
    ねーよと突っ込みがあるかもしれませんね(笑


    たしかに時代は僕らが言葉として認識できるけれど、物質と
    しては認識できない。


    でも時代って様々なもの(物質)が複合されて創られている
    ものだと僕は思うんです。


    例えば、今回の例でいえば、コギャル文化は様々な時代や
    話題を作りだし、僕らに未来を与えてくれた。


    この未来とはコギャルたちが礎になり、違った文化や慣習を
    創り出した例えです。


    made in コギャルです(笑


    ここは僕が良く話している弁証法の概念そのものです。


    テーゼ(○○という文化) + アンチテーゼ(コギャル文化)
    →アウフヘーベン→ジンテーゼ(新しい文化)


    つまり、コギャル文化がなければ生まれなかったものが
    この世にたくさんあるということです。


    そしてこのコギャル文化とは決局はコギャルによって創られた
    ものですよね。


    コギャル(物質)がなければアウフヘーベンが起きない。


    だから僕はこの文化や時代は生き物(物質)とらえてしまっても
    いいんじゃないかと思うわけです。


    唯物論という概念があります。


    これは物質ありきの世界を指していて、精神的なものや現象を
    付加価値としてとらえる概念です。


    でも僕はこれって昔の考えであり、今の時代にはそぐわないと
    思うわけです。


    今の時代って物質として認識できるものより、僕らの精神のほうが
    重要なのです。


    もっとわかりやすく言えば情報です。


    僕らの精神は情報空間を行き来して、様々な移り変わり(変化)を
    遂げているのです。


    これは近来のインターネットの発達によりさらに加速化して、情報
    空間の行き来がしやすくなっています。


    でも、ここで目に見える物質ありきでものごとを考えていると時代に
    波に取り残されてしまいます。


    情報空間を無視して、既存の物質を手探りにしながら生きていると
    取り残される、つまり情報空間に転がっている新しいものを無視して
    今の手持ちのもので済ませようとすると厳しいということ。


    僕はそんな時代が来ているのではないかと思います。


    だから情報空間に転がっている新しい情報が必要なのです。
    物理空間にある既存のものではない、情報空間ありきのものです。


    昔は本やテレビでのアナログなものでしか情報空間を行き来する
    ことができなかったから立ち遅れてしまう人もいたでしょう。


    でも今は、いち早く適切にインターネットを使えば世界中の情報を
    あなたは手に入れることができる。


    あとはその情報を正しく自分の中で腑に落として、あなたがアウトプット
    するだけです。


    そしてそのアウトプットの方法は僕が抽象的ではありますが、メルマガや
    塾、セミナーなどで伝えています。


    だからあなたはその抽象的なものを自分自信で具体まで落として
    自分なりのアウトプットをしてみてください。


    2015年はそんな年にしてみて下さいね。


    それでは今日はここまでです。
    何か疑問点があればメール下さい。


    メールはこちら





  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ