ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 失敗を1000回しましょう

失敗を1000回しましょう

  • どうも、KENです。

    さて、昨日の本番をなめてかかれといったメルマガの反応は
    賛否両論だったみたいです。

    結構な数のメールを頂きました(笑)

    その中で一番多かったのが、、

    KENさん俺は真面目だから、本番に手を抜いたり、
    なめたりなんてできないよー

    といった内容が多かったです。


    あなたはどうですか?

    真面目だからそんな風に思えませんでしたか?

    ここで勘違いしないで欲しいのは真面目だろうが
    不真面目だろうが関係ないんですよ。

    本番でも俺はいつもと変わらず失敗せずにできるんだ
    という自信を持てということなんですよ。

    だからなめるの言い方を変えれば、俺ならできると
    自己暗示をかけることです。

    多くの人は何かをしようと思うときに、、

    失敗したらどうしよう??

    とまずは考えてしまいます。

    だから、肉体改造もしないし、気になる人にアタックも
    しません、ナンパもしません。

    例えば、ナンパなんて失敗を前提に考えなくては
    やってられないですよ(笑)

    失敗は悪いことではなく、良いことです。

    なぜなら、どうして失敗したかを分析できるからです。

    ここでなぜ失敗したかを考えないとダメですよ。
    考えないと失敗を次の成功につなげる事ができません。

    失敗から何かを学び、それを次につなげる事が
    できるから成功できるんです。

    ただ闇雲に何かをやって成功してしまったら、
    それはただの事故(マグレ)です。

    全然意味がありません。

    世の中の天才と言われていた偉人たちは皆失敗の
    達人です。

    エジソン、ライト兄弟、そして最近ではAppleのジョブス。

    みんな失敗をたくさんしてそれを糧にして偉業を成し遂げて
    いるのです。

    だからあなたも、どんどん失敗はして下さい。

    そして失敗を恐れなくなると、常識を疑えるようになります。

    常識は破るものではないですが、ただ何も考えずに
    それが120%正しいと従うものではありません。

    そういう発想が持てると物事を正面からだけでなく、
    様々な角度から見れるようになります。

    僕がいつも言っている、物事を斜めから見れるようになる
    ということです。

    ぶっちゃけ本音で、、、


    あなたにはそうなって欲しいですね(笑)

    高杉晋作の「おもしろき こともなき世を おもしろく」

    この詩の解釈は人それぞれ違うけれど、、

    平凡な日常は自分次第の心の持ちようで、
    面白くなるんですよ。

    と僕は解釈しています。

    高杉晋作が亡き今は、本当の解釈はわからないから
    自分なりの解釈でいいんですよ。

    その方がワイルドだし(笑)

    まあ、話が横にそれてしまいましたけれど結局の所、、

    ワイルドに生きましょう。

    そうすれば失敗を恐れて、前に進めないなんて
    なくなりますから。

    そうは思いませんか(笑)?

    それでは今日はここまでです。


    二ヶ月間で理想の体を手に入れるための無料メール講座は
    コチラから


  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ