ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 筋トレで効果がでない。。なんで?

筋トレで効果がでない。。なんで?

  • どうも、KENです。
    今日は昨日のトレーニングで肩周りが酷く筋肉痛です。

    どうも僕は肩周りが筋肉痛になりやすい体質らしくほぼ毎回なります。
    でも筋肉痛になるからといって筋肥大をしている訳ではないので注意して下さいね。

    さて最近こんな質問を頂きました。

    ・・・ジムで筋トレした方がいいのか、それとも家で大丈夫なの?

    まあ適度の重さのダンベルがあれば家でもいいのですが、やはりジムですかね。
    僕が推奨する筋トレ初心者~中級者さんの適度な重さのダンベルは10~20kgです。

    この重さでトレーニングしていけば筋肥大はどんどん起きるでしょう。
    そしてこの重さのダンベルはジムに行けば必ずあります。

    マニアックなジムに行くと50kgのダンベルが置いてあるところがありますからね(笑)
    さすがに僕もその重さでトレーニングしたことがないです。

    そしてジムの強みはラットプルダウンやチェストプレスなどのマシンがある点です。
    これらは初心者さんには非常に有効的です。

    なぜなら動かす軌道が決まっているために初心者さんでも筋肥大しやすいポイントを
    掴みやすいからです。


    でも適当な重さでやってはダメですよ。
    文字に背景色を付ける
    自分に適した重量を毎回見極めてそれをベースに徹底的にやって下さい。

    筋肉に効いたような気がする筋トレを、定番の10回×3セットをやって、

    『ふ~ぅ、これで明日は筋肉痛かな(ニヤリ)』

    は本末転倒です。

    これはただ単純に自己満足だけで筋肥大は起きずに何も変わりません。

    僕が思うに、筋トレに時間をかけている人は結構いるんですよ。
    メールやLINEで聞いているだけで、1時間、2時間普通に筋トレやっている人は多いです。

    でも、思うように効果が出ないと僕に相談に来ます。
    それはやはり徹底的に筋肉を痛めつけてないからなんですよ。

    言い方がキツいかもしれませんが、定番の10回×3セットを見よう見まねでやっているだけ。
    それじゃあ、いくら時間かけても筋肉が大きくなるわけがありません。


    筋肉に、『この刺激はヤバイ!筋肉を増やさないとこの刺激にはもう耐えられない!』
    と思わさないといけません。

    そうすることで脳が筋肥大の命令を出して、筋肥大が起きるのです。
    そしてこれを意図的に行う筋トレが加圧トレーニングです。

    だから僕は加圧トレーニングと僕が推奨する筋トレノウハウをオススメしているのです。

    例えば、ダイエット一つとってみても非常に複雑です。
    筋トレと有酸素運動、食事制限の3つをバランス良く連動させなくてはならないからです。

    そして有酸素運動と食事制限は決まったテンプレートに沿ってやればいいでしょう。
    それは誰でもできます。

    走ったり泳いだりすれば誰でもカロリーは消費できるし、食事に関してはある程度の
    強い意志があれば、炭水化物を減らしたり脂肪分を抑えることができるでしょう。

    ただこれらだけをやってしまうと、筋肉も脂肪と並行して少なくなり基礎代謝が下がり
    結果的にリバウンドしてしまうのです。


    だからここで筋肉を増やしてあげないとダイエットは完成しないのです。
    そのためには筋肥大が確実に起こる筋トレが必要なのです。


    もしあなたが体重や体脂肪率は減ってはきているけれど、筋肉がついていない気がする、
    もしくは筋肉量は横ばい、減ってしまっているのなら要注意です。

    将来的にリバウンドしてしまう可能性が高いです。
    そうならないためにも自分がやっている筋トレ方法を見直してみてくださいね。

    今日はここまです。

    筋トレダイエット請負人@KENのプロフィールはコチラ

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ