ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 筋トレ後の熱生産で脂肪がヤバいくらい燃えるの巻

筋トレ後の熱生産で脂肪がヤバいくらい燃えるの巻

  • 筋トレをはじめるとカラダの中で作られるホルモン君たちが大量分泌されます。
    これらはアドレナリン、ノルアドレナリン、成長ホルモン君達です。

    実はこれらのホルモンはジョギングやウォーキングといった有酸素運動を
    行ったときも分泌されます。
    でもその量は筋トレと比べると全然少ない量なんです。

    筋トレ時は「大量分泌」と呼べるけど有酸素時は残念ながら「少量もしくは微量」す。

    そしてこの大量に分泌されたホルモンにより、多くの中性脂肪がグリセロールと
    脂肪酸に分解される。さらに、脂肪酸は血中に流れ込み、エネルギーとしてすぐに
    使える状態になるのである。
    ただし、使う機会がなければ、また中性脂肪へと戻ってしまう。

    「ここまではOKですか??」


    ・・・・・

    「無言ということはOKですね??」


    念のためもう少し簡単に説明しましょう。
    筋トレをしている間は
    脂肪酸→血液に流れ込む→エネルギーとして脂肪が使われる
    というサイクルが永遠と続くのです。

    でも、永遠に筋トレしているわけにはいかないですよね(笑)
    だから筋トレやめると分解されたグリセロールと脂肪酸が中性脂肪に
    戻ってしまうんです。


    しかし、筋トレのすごいところは、分解された脂肪酸がトレーニング後に
    使われることです。

    筋トレを行ったあとは、筋肉が熱を生産し続けてエネルギー消費量が
    多くなるからです。
    時間にして48~72時間、運動直後には通常よりも10%ほどエネルギーの
    消費が多くなるのである。



    本当に筋トレって素晴らしくないですか(笑)


    別に筋トレを褒めてもしょうがないんですけど、なんかデメリットが
    見当たらないんすよね。
    まあ、ぶっちゃけつらいだとか苦しいとか思っている人がほとんどですけど、
    それはやりかたが悪いんですよ。


    しっかりとした正しいトレーニングを行えば30分とかで終わるし
    簡単で、なおかつ楽に行えますよ。
    私から言わせてもらえば、朝の通勤電車の混雑の方がよっぽどつらいですよ。
    めったに朝晩のラッシュ時に電車には乗らないんですけれど、
    たまに乗ると死にそうになります(笑)
    たしかに慣れてしまえば大丈夫なのかもしれませんが
    足を何度も踏まれるし、ひじで攻撃されるし・・・

    「イタタタタタッ!」
    て言ってもあまりみんな聞いていない、ていうか聞こえないふり(汗)

    そんな状態でもし、

    「この人チカン~」
    とか言われたら、マジでがち切れしますね。

    さすがに女性に手は上げないけど、渾身の力をこめてガンをつけてやりますよ!

    ∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

    最後になりましたが僕から皆さんへ一言
    「満員電車の辛さに耐えられる人ならば、筋トレなんてラクショーですよ!」

    以上、ご清聴ありがとうございました。

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ