ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 10年前に浜崎あゆみとタイムトリップ

10年前に浜崎あゆみとタイムトリップ

  • どうも、KENです。

    今日は朝一で、クライアントさんをコンサルのため
    秋葉原へGO。。

    その間、満員電車で音声を聞いていたのですが、
    隣の女の子にイヤホンの音がうるさいと言われました(苦笑)

    その女の子はスマホの画面に、、

    イヤホンのボリュームをもっと下げて下さい!

    と打ってきました。

    だから、厳密に言うと、言われたというよりも
    見せられたということになります(笑)

    こんな風に振舞われたのは初めての体験です。

    まあ、今回は僕が満員電車に慣れていなく、音量のコントロールが
    わからなかったので恐らく僕が悪いでしょう。

    だからその女の子を悪く言うつもりは1mmもないです。

    でも、帰りの電車であまりの眠さに、こくっりこっくりと
    寝てしまい、、

    無意識に隣に寄りかかってしまい、今度は違う女の子に

    チッ、と舌打ちされました(苦笑)

    この時はイラッとしましたね。
    聞こえるような大きな声でチッとか言うなよと思った訳です。

    まあ、これについては悪いのは5分5分でしょう(笑)

    さて、今日は浜崎あゆみについて話します。

    なんか最近また新恋人ができたみたいでYahooニュースに
    取り上げられていました。

    そして今度もまた白人だそうです。
    バリの超高級リゾートホテルで一緒に過ごしていたみたいです。

    まあ、そんなプライベートは彼女の勝手であり、マスコミが
    面白おかしくとりあげるからいけないんだけど、、

    なんか彼女は最近こんなネタしかとりあげられませんよね。
    そこについて、僕は非常に悲しいわけです。

    僕はどちらかというと、倖田來未よりも、むしろ浜崎あゆみ
    世代なので、彼女の歌は結構好きです。

    歌というより、詩がいいですよね。

    もしあなたが20歳前後なら浜崎あゆみの事を
    あまり知らないかもしれません。

    でも、彼女の歌を今度じっくり聞いて欲しいですね。
    僕のオススメはこれです。

    ↓Ayumi Hamasaki- A Song for XX



    結構昔だけど、あゆはTOKIOの長瀬と付き合ってましたよね。
    僕はなんだかカッコいいカップルだなと思っていました。

    でも長瀬と別れて、外人と結婚してスピード離婚した
    あたりから、方向性がずれてしまいましたよね。

    あれれっ?って感じで

    記事になるといえば、音楽ではなく男ネタなどで、
    歌に共感しているファンにとってはどーでもいい事ばかり。

    だから歌に共感していたファンは、彼女の見方を
    変えてしまった人もいるかもしれません。

    まあ、僕もどちらかといえば、そっちよりで男とどーたらとか
    いう記事はもう若干うんざりですね。

    本業の音楽で話題を作って欲しいです。
    そしてまた、心に響く良い歌を聞かせて欲しいです。

    彼女ならまだまだ全然できると僕は思うんですよ。

    確かに彼女も34歳ぐらいなので正直中年です。
    でも歳をとるのは当たり前だし、それを止めることはできない。

    てか、自然の原理なのでそれが当たり前じゃないですか。

    心無い人は、もうおばさんだから引退すればとか言うけど
    僕はまだ引退する必要はないと思うんですよね。

    でも最近ではコンサートのチケットが売れずに、チラシを
    まく事もあるそうです。

    そういうこともあり、メンタルでも弱くなり、今の弱いあゆに
    なってしまったのかもしれません。

    でもね、ファンは減ってしまったかもしれないけれど、
    彼女を求めている人が1人でもいる限り歌い続けて欲しいですね。

    あなたもそう思いませんか?

    僕はまた彼女に、歴史に残るような歌を歌って欲しいです。
    彼女のコアは歌を書く事であり、それを歌うことなのだから。

    僕と同じ気持ちの人は多いはずですよ。
    その気持ちが彼女に伝わることを願っています。

    それでは今日はここまでです。

    何か意見などあれば僕にメール下さい。

    メールはコチラ

    もちろん、LINEでもOKです。
    ID : yahkentaro

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ