ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 時にはKY(空気読まない)になったらいいんですよ。

時にはKY(空気読まない)になったらいいんですよ。

  • どうも、KENです。
    今日はゆとり世代の男子と話す機会がありました。
    彼らは基本的には、効率の悪いことを嫌うそうです。
    そして彼らの上司に対して仕事が効率悪すぎて見てられないとぼやいていました(笑)

    さて、今日はちょっとした昔話をしたいと思います。
    今からもう10年くらい前ですが、僕が学校を卒業して会社に入社したての頃
    ちょうど炎天下の時期に避難訓練が開催されました。

    たしかに避難訓練は重要なのはわかるけど、こんなひなたに立っているだけで
    汗をかく時期にやらなくていいじゃんと思いながら参加しました。


    そして運案の定、雲ひとつない快晴のくそ厚い中、消防署の方々数人を交えながら
    避難訓練が開催されました。

    訓練の合図としては、非常ベルが社内で鳴り響き全員が駐車場に集まって
    実際の消火器を使い、消化訓練をするといったものです。

    また時間がお昼近かったこともあり、駐車場には日陰がほとんど出来ていないので
    多くの人がハンカチで汗を拭きながら消防隊員の諸注意に耳を傾けたいました。

    しかし、この話が長く10分、15分と話しているのに終わらず実際の
    消化訓練が一向に始まりません。


    そんな時、後ろの方から消防隊員に向かって声が響きました。


    『もう話はいいから訓練始めてよ、熱射病になっちゃうよ。』



    その時総務部のおばちゃんが『何言ってんの!』みたいな目で彼を見ましたが
    ほとんどの人は苦笑い。


    つまり、ほとんどというより全員が話が長いからもうやめてよと思っていた訳です。
    それを彼が代弁しただけの話です。


    その時、僕は黙って汗をかきながら消防隊員の話を聞いていたわけですが
    もちろん僕も、とっとと話が終わればいいのにと考えていました(笑)

    でも、空気を読んで黙ってジーッと話を聞いていた訳です。
    しかし今考えるとなんでもっと早く空気を読まずにみんなの声を代弁しなかった
    のだろうと思ってしまいます。

    空気を読むことは大切ですが、時として空気を読まなないことも必要です。
    つまり、空気を読まずに『話が長いよ!』と声を上げたおかげで
    誰も熱射病にならなかった。

    日本人は特に、空気を読まなくてはいけないと思ってしまう人種だけど
    そこの所は筋トレ法やセールスマーケティングと同じ様にどんどん諸外国の
    真似をした方がいいですね。

    要するに、空気を読んで黙っていると時として最悪の結果を招くこともあります。
    だからあなたがもし『これは違う。』と感じることがあったら思い切って
    アンチテーゼ(代替案)を提案してみたらいかかがしょうか?

    ぜひ何かの機会に試してみて下さいね。

    それでは今日はここまでです。


    PS

    僕はほぼ毎日ツイッターで肉体改造に対して、ためになるつまり、
    興味深そうなことを呟いています。

    だから僕のツイッターをぜひ参考にしてみて下さい。

    ツイッターはコチラ

    また、ブログでとりあげて欲しいトピックスがあれば呟いて下さい。
    それを次回以降のブログの話題として反映させますよ。

    そして呟いてくれたそのお礼に「肉体改造解体新書~特別編」
    アップロード版を差し上げます。



    これは前後編120ページ以上あるレポートの番外版みたいなもので
    最近ではもう無料メール講座でも配っていません。

    つまり、僕のツイッターに呟いてくれた人のみの特典となります。

    その請求は下記フォームから申請して下さいね。
    「呟きました。」の一言でOKです。

    メールはこちら

    それではたくさんの呟き依頼待ってますね(笑)

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ