ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 食後の運動で体脂肪を燃やばいいだけ、これ常識

食後の運動で体脂肪を燃やばいいだけ、これ常識

  • 体脂肪の燃焼に役立つのは有酸素運動だという事実はダイエッターなら
    誰でも知っていますよね。

    その原理は、脂肪酸を燃やすには酸素が必要です。
    そして、有酸素運動ならその酸素を安定的に供給できて体脂肪が効率的に燃えます。

    まあ、でもこれら有酸素運動はダイエットにおけるメインとはいえません。
    はっきりいって「オプション」ですね。

    やりたい人はやればいいし、やりたくない人はやらなければいいレベル(笑)

    やはり筋トレで筋肉を増やしてあげるのが一番重要。
    なぜなら、筋肉が増えると安静時つまりじっとしているだけで
    脂肪が消費されます。

    「ここを僕は皆さんに一番おさえてもらいたいわけです。」


    だって何にもしなくても脂肪が燃えるんですよ、筋肉があると(燃)
    ゴミ(脂肪)をいつでも好きな時にゴミ箱(筋肉)に放り込めるイメージです。
    だからそのゴミ箱を、筋トレで大きくしてあげましょうって話なんすよ。

    あと個人的には筋トレやってるほうが、有酸素やってるより時間が経つのが早い。

    でも、有酸素運動のほうが好きだという人はいるよね。
    マラソン好きだとか、毎朝の散歩が楽しみだとかなど・・・
    そういう方は全然有酸素してもらってもOKですよ。
    好きなことは全然やったほうが自分にとってもプラスだし・・

    しかし、僕のように有酸素やらなくてもスリムな体を維持したい人は
    ぶっちゃけ多いでしょ。
    それにはやっぱり筋肉を増やして、脂肪を燃やすサイクルをシステム化することです。
    もし現時点で太っているならば「筋肉を増やしてシステム化」+「少しの有酸素」
    は必要かもしれない、その方が結果は早く出る。

    でも今日は、その有酸素運動ではない、違った+αの話をします。

    つまり、有酸素運動のかわりに行う賢い方法を教えます。
    これは有酸素の代わりに行ってもいいし、有酸素と平行してやってもOKです。

    その運動とは、食後すぐにその場での足踏みやウォーキング、自重トレといった
    簡単な運動を行うことです。

    これはめちゃくちゃ簡単だけど、体脂肪燃焼に効果的です。

    食後は食事に含まれる糖質が消化吸収されて血糖になり、血糖値が上昇してインスリンが出てくる。インスリンは血糖をまずは肝臓と筋肉に取り込み、血糖値を下げようとする。
    肝臓と筋肉で消費されない血糖は脂肪細胞に運ばれて体脂肪になるわけだが、運動をして筋肉で血糖を消費してやれば、脂肪細胞に運ばれる血糖が減り、食後の体脂肪の蓄積がセーブできます。

    「意味わかりましたか?」


    ・・・・


    少し難しかったようですね(汗)


    まあ簡単に言えば、食後何もしないと血糖は筋肉をスルーして脂肪細胞へ
    直行するんです。
    でも食後に運動すれば、血糖は筋肉を経由する分、体脂肪への蓄積が
    減るという訳。


    だから、朝食後は出勤する際にひと駅先までウォーキング。ランチ後は
    1階からオフィスまで階段で上がり、夕食後はTVを見ながら腹筋やスクワットを軽く。
    胃腸の負担にならない範囲で食べたらカラダを動かすといいですね。



    つまり、普段の有酸素運動の変わりに食後の運動を行えば同じくらいの
    効果が得られるのです。

    そしていつもどおりに、定期的に筋トレして筋肉を増やしてあげれば太りにくい体
    にどんどん近づいて行くんですよ。

    皆さんおわかりになりましたか?
    僕は有酸素があんまり好きではないのでこれらを実践中です(笑)

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ