ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » ジムに通えない人がとらざるをえない3つの選択肢

ジムに通えない人がとらざるをえない3つの選択肢

  • こんばんわ、KENです。
    さて、先日僕の友人がネットでフラットベンチとダンベルを買ったそうです。
    ちなみにフラットベンチとはこれです。



    そして料金は送料込みで1万5千円だったそうです。

    『ここで1万5千円と聞いてあなたはどう思いますか?』

    つまり、高いと思いますか、安いと思いますか?
    僕は正直安いな~と思ってしまいました。

    だって、これらフラットベンチとダンベルがあれば自宅で好きなときに筋トレが
    できてしまいます。


    もちろんフラットベンチは置き場所が必要であるという問題はあるけれど、
    あればジムに行かなくてもジムと同じトレーニングができてしまいます。

    僕は肉体改造解体新書の中ではジムに行くことをオススメしていますが、
    物理的にジムに通えない人って結構多いんですよね。


    最近ではよくメールで『家の周りにジムがありません。』とか『仕事が終わるのが遅くて
    ジムに週1回しか通えません。』といった相談をよく受けます。


    そういう人は、今後の選択肢として3つあります。

    1つ目は肉体改造をすることを完全にあきらめることです。
    つまり今までどおり筋トレをしない生活を送ることです。


    でも、この選択肢をもしあなたが選んでしまったら僕は非常に悲しいです。
    なぜならせっかく無料メール講座や肉体改造解体新書で情報提供をしてきたのに僕の声が届かなかったということですから・・・

    それはもう悲しいというより、後ろからハンマーで殴られたような気持ちになります。
    だからこの選択肢は本当にとって欲しくありません。

    そして、2つ目は家でも手軽にできる腕立て伏せなどの自重トレーニングを
    行うことです。

    でも、この選択肢もとってほしくはないですよ。

    なぜなら、ある程度カラダが出来上がっている人なら自重トレをしていればその体系を
    キープすることはできます。
    つまり、体系維持としては自重トレはOKです。

    しかし、筋肉を大きくしたいのなら、自重トレでは目に見えてカラダを変えるには5年、
    10年とかかってしまうのでなかなかしんどいです。
    だから、寺門ジモンのような本当にドMな人でないと続かないです。


    だからこの選択肢は、短期間で逆三角形のカラダを手に入れたいのならNGです。

    そして、最後の3つ目の選択肢はダンベルを購入することです。
    フラットベンチは任意ですが、ジムに行けない人はダンベル購入は必須です。
    なぜなら筋肉を大きくするために必要な武器だからです。



    僕の友人も最初は購入を渋っていましたが、僕がやり方を手取り足取り教えてあげたのでようやくダンベルを購入してくれました。

    そして、今では楽しく自宅で肉体改造をしているみたいです。
    だからあなたもジムに行く環境がないのならば、思い切ってダンベルくらいは
    購入してしまうことをオススメします。


    何度も言いますが必要なものに対する自己投資は絶対にするべきですよ。
    その自己投資が将来あなたの血となり、骨となるのですから・・

    PS

    僕はほぼ毎日ツイッターで肉体改造に対して、ためになるつまり、
    興味深そうなことを呟いています。

    だから僕のツイッターをぜひ参考にしてみて下さい。

    ツイッターはコチラ

    また、ブログでとりあげて欲しいトピックスがあれば呟いて下さい。
    それを次回以降のブログの話題として反映させますよ。

    そして呟いてくれたそのお礼に「肉体改造解体新書~特別編」
    アップロード版を差し上げます。



    これは前後編120ページ以上あるレポートの番外版みたいなもので
    最近ではもう無料メール講座でも配っていません。

    つまり、僕のツイッターに呟いてくれた人のみの特典となります。

    その請求は下記フォームから申請して下さいね。
    「呟きました。」の一言でOKです。

    メールはこちら

    それではたくさんの呟き依頼待ってますね(笑)

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ