ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 朝食を食べない現代人に警告を発する!普通にデブるよ!いいの??

朝食を食べない現代人に警告を発する!普通にデブるよ!いいの??

  • さて、今回は朝食を食べると食べないとではあなたのカラダにとって
    具体的に何がどうなってしまうかを考えてみよう!

    今日のトピックスはなんだか癒し系ですね(笑)



    ある調査期間の統計によると朝食を食べないのは働き盛りの若者が多い。
    つまり、20代~30代がこれにあたる。
    まあ、これについては何でこの年代だかわかりますよね。
    それはずばり一人暮らし率が高いからです。


    だって、10代は親と同居していて、半自動的に朝食が出てくる。
    そして40代は結婚している率が高いだろうから奥さんが朝食を作ってくれる。
    でも、20代~30代は男女とも独身率も高く、


    「朝食食べる時間があるなら
    もっと寝てたーーーい!」



    なんて子供のようなふうに思っているみたいです。
    ぶっちゃけ僕もそうなんだけど、カラダによくないから二日酔い以外の日は
    朝食を食べるようにしています(笑)
    特に極度の二日酔いの日は全てが嫌になり、この世から消し去りたいです。
    ・・・・・・


    さて、本題に入りましょう。
    まず朝食を食べることによっての効用は以下です。

    ・カラダが温まり基礎代謝を上がる
    ・昼食、間食の食べすぎを抑えることができる
    ・エネルギーを補給して集中力を上げることができる
    ・水分を補給して、カラダに潤いを与える



    睡眠中は体温が下がって基礎代謝が落ちるんですね。
    そして、もし朝食を食べないとその体温は下がったまんまでエネルギー不足状態に陥る。


    「つまり、この状態を飢餓状態と呼んでいます。」


    さらに、想像できると思いますがこの状態が続くとランチの時に食べた食物(栄養)を
    余分に溜め込もうといった悪い防衛反応が働くのです。


    だから、朝食を抜くことが習慣になってしまうと、脂肪を溜め込みやすいカラダ、
    つまり太りやすいカラダに自動的になってしまうというわけです。


    普通に考えれば、朝食を抜けば栄養をとらないわけだから、逆に痩せていくって
    思っちゃうじゃないですか。。


    「でも、これは大きな間違いなんですね!」



    本当に人間のカラダのメカニズムって不思議だと思いませんか?
    筋肉痛のところでも話しましたが、人間のカラダでまだ究明されていない
    メカニズムって結構多いんです。

    もうすでの人類が誕生した何百万年経つのにすごいですよね。

    だから僕ももっともっと勉強してこのブログで皆さんに情報発信
    していきますので楽しみにしていて下さいね。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    僕のプロフィールはこちら

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ