ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編 » ken

Home > Author Archive

超回復のリズムを極めろ!

  • 皆さんは筋トレの正しい頻度について理解してますか?

    まあ、もちろん個人差もありますが、週3回ぐらいがベストと思われがちだけど
    2回でも全然OKです。

    筋トレで筋繊維を刺激すると筋繊維は傷ついて疲労がたまり、
    筋力は一時的にダウンするわけです。
    そこでガッツリ休息をとり、栄養をしっかりとると筋肉は徐々に疲労から回復します。
    目安としては48~72時間と言われています。

    この回復期の原理原則は極端な例を挙げるとスーパーサイヤ人。
    あれは確かに極端で、瀕死の状態に陥ると信じられない回復期を得て
    鬼のようなパワーアップを果たしますよね。
    これと原理は一緒で、筋肉はダメージを受けると必ず以前より強くなってやろうと
    テンションを上げます。

    「オラオラオラオラオラオラ!」
    みたいな感じで(笑)

    そして2~3日後にはトレーニング前より筋力が上がります。
    これが超回復である。

    よく筋トレしてもなかなか効果が出ないと嘆いている人は、この超回復の
    タイミングがずれてしまっているかもしれませんね。

    私も以前は、週3~4回筋トレしていた時期があったのですが、バーベルや
    プレートの重さがなかなか上げられない、つまり筋力がパワーアップしている
    感じが全く見られない時期がありました。

    「何で定期的にやっているのに重さが上がらないんだ、クソッ!」
    て思い、めちゃくちゃ凹んでいた時期があったんすよ。

    でも、トレーニングを週3回にしたら、

    「あれ、前よりも重いの持てる様になった?」

    さらに、週2回にしたら

    「なんだよ、やっぱり思った通りだ、休みを入れないと駄目なんだ。」
    みたいな感じで休みは絶対に必要だということを確信しました。

    しかーーーーし、
    週1回しかトレーニングをしないのは少なすぎですね、
    これなら筋力UPは望めないよ。維持がいいところ。

    でも、ある程度筋トレを定期的にやっているとなあなあになってしまい、
    あまり効果が感じられないときが出てきます。

    そんな時は、1週間とか10日ガッツリ休んだらいいですよ。
    筋肉も人間と同じで、毎日定期的に同じことやっていたら飽きるんです。
    だから違った刺激を与えてあげないといけないんですよ。

    まあ、理想としては筋肉と会話して直接今の状態を聞き出せれば
    いいんだけれど、それは不可能だよね。
    世の中にはそういったことができる超人がいるかもしれないけど(汗)

    少なくとも自分は怪我もしてるし、はっきり言って凡人と割りきっています。
    でもね、凡人でも定期的に続ければカラダは変わるって自分で証明できた。
    だから、みんなも肉体改造をするって決めたらがんばって続けて欲しいな。

    そして壁にぶつかってもあきらめないで下さいね。
    何か質問があればどしどしメール下さい!

  • ▲ページの先頭へ

筋トレ後の熱生産で脂肪がヤバいくらい燃えるの巻

  • 筋トレをはじめるとカラダの中で作られるホルモン君たちが大量分泌されます。
    これらはアドレナリン、ノルアドレナリン、成長ホルモン君達です。

    実はこれらのホルモンはジョギングやウォーキングといった有酸素運動を
    行ったときも分泌されます。
    でもその量は筋トレと比べると全然少ない量なんです。

    筋トレ時は「大量分泌」と呼べるけど有酸素時は残念ながら「少量もしくは微量」す。

    そしてこの大量に分泌されたホルモンにより、多くの中性脂肪がグリセロールと
    脂肪酸に分解される。さらに、脂肪酸は血中に流れ込み、エネルギーとしてすぐに
    使える状態になるのである。
    ただし、使う機会がなければ、また中性脂肪へと戻ってしまう。

    「ここまではOKですか??」

    ・・・・・

    「無言ということはOKですね??」

    念のためもう少し簡単に説明しましょう。
    筋トレをしている間は
    脂肪酸→血液に流れ込む→エネルギーとして脂肪が使われる
    というサイクルが永遠と続くのです。

    でも、永遠に筋トレしているわけにはいかないですよね(笑)
    だから筋トレやめると分解されたグリセロールと脂肪酸が中性脂肪に
    戻ってしまうんです。

    しかし、筋トレのすごいところは、分解された脂肪酸がトレーニング後に
    使われることです。

    筋トレを行ったあとは、筋肉が熱を生産し続けてエネルギー消費量が
    多くなるからです。
    時間にして48~72時間、運動直後には通常よりも10%ほどエネルギーの
    消費が多くなるのである。

    本当に筋トレって素晴らしくないですか(笑)

    別に筋トレを褒めてもしょうがないんですけど、なんかデメリットが
    見当たらないんすよね。
    まあ、ぶっちゃけつらいだとか苦しいとか思っている人がほとんどですけど、
    それはやりかたが悪いんですよ。

    しっかりとした正しいトレーニングを行えば30分とかで終わるし
    簡単で、なおかつ楽に行えますよ。
    私から言わせてもらえば、朝の通勤電車の混雑の方がよっぽどつらいですよ。
    めったに朝晩のラッシュ時に電車には乗らないんですけれど、
    たまに乗ると死にそうになります(笑)
    たしかに慣れてしまえば大丈夫なのかもしれませんが
    足を何度も踏まれるし、ひじで攻撃されるし・・・

    「イタタタタタッ!」
    て言ってもあまりみんな聞いていない、ていうか聞こえないふり(汗)

    そんな状態でもし、

    「この人チカン~」
    とか言われたら、マジでがち切れしますね。

    さすがに女性に手は上げないけど、渾身の力をこめてガンをつけてやりますよ!

    ∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

    最後になりましたが僕から皆さんへ一言
    「満員電車の辛さに耐えられる人ならば、筋トレなんてラクショーですよ!」

    以上、ご清聴ありがとうございました。

  • ▲ページの先頭へ

20~30代は太りやすい!?えっまじで!?

  • 世代によって脂肪を蓄積する能力が変化しています。

    現代の中高年は肥満度が低いが、内臓脂肪が多いのです。

    一方で、20~30代の若い世代では皮下脂肪も内臓脂肪もどとちらも多いのである。
    つまりこれは欧米人に近い体型になっていると言える。

    彼らの親の世代はちょうど洋食を家庭料理に取り入れた世代である。
    胎児の時からそうした食生活の影響を受けて、脂肪細胞の数自体も多いのかもしれない。

    そして、この世代は同じ食事をしても、インスリンを分泌する能力が高い。

    インスリンは血糖値を下げるホルモンだが、これを分泌する能力は若い世代のほうが高い。よって脂肪を皮下脂肪として、どんどん溜め込むことができる。

    糖尿病は主に内臓脂肪の蓄積により誘発されるので、皮下脂肪を溜め込む能力が高い分、病気になりにくい。

    実際、中高年が簡単に糖尿病に陥ってしまうBMIでも、その兆候は見られない。

    病気になりにくいのはいいとしても、太る能力が高いとなれば、筋トレや食事コントロールなしに、減脂肪は望めませんよね。

  • ▲ページの先頭へ

冬の睡眠時間、えっまじ話??

  • 年間を通してみてみると、春夏よりも秋から冬にかけてのほうが睡眠時間は
    長くなってきている。

    そして1月~2月はピークをむかえてる。その理由としては早く床に着くというよりは、
    日照時間が短く、朝起きる時間がどんどん遅くなっていくことが挙げられる。

    確かに寒い冬は朝起きることがとてもつらい。

    また、体重もやはり冬の間に増加のカーブを描く。理由としては、活動不足に過食だ。

    そして、私もそうですが「冬季うつ病」の人って結構多いんです。
    これは立派な病気なんです、

    季節によってこれだけの影響を受けてしまう事をまずは知っておいて欲しい。

  • ▲ページの先頭へ

最終ダイエット!ただ痩せる方法!

  • 理想のダイエットとは、筋トレをして基礎代謝を増やして脂肪を燃やす受け皿を増やしてあげるというものです。
    しかし、このノウハウについては筋トレを必要としません。
    だから、筋肉のついたメリハリボディを目指す方には向いていません。だから、筋肉のついたメリハリボディを目指す方には向いていません。

  • ▲ページの先頭へ

バルクアップマニュアル

  • 筋トレ中級者向きです。ある程度土台となるカラダができていて、更なる筋肉発達を目指す方はこの教材がベストです。
    多くの人達が理解できていない3つの要素の本質を知ることで、筋肉の発達スピードを加速させ、最短で強靭なたくましいカラダを作る事ができます。

  • ▲ページの先頭へ

HSMT法

  • 管理人KENが実際に2ヶ月間で体脂肪を15%落とす事に成功した教材です。とにかく簡単でダイエットや筋トレをした事がない初心者の方でも実践できます。だからまずはこの教材から筋トレを学んで下さい。

  • ▲ページの先頭へ

中日 落合監督の筋トレ理念

  • 前落合博満監督は「野球の筋肉は野球でつくられる」という理念があるそうです。つまり「筋肉なんて野球の練習を
    していれば必要な筋肉が付くから筋トレなんていらないよ」という考えだ。まあ、たしかにあんだけダッシュだランだ、素振りをやっていれば筋肉は徐々につきますよね。実際私も腹筋はいつもトレの最後にやるのですが、腹筋する前から腹筋がヒクヒクしている時もあります。おそらく背中を鍛えていると、結構腹筋も力が入ったりするから効いているんでしょうね。
    でも、「野球の筋肉は野球でつくられる」これってかなり古い考えですよね。今の日本における1流のスポーツ選手たとえば、イチロー、ダルビッシュ、石川遼君はみんな本格的な筋トレをトレーニングメニューに組み込んでいますよね、優秀なトレーナーをつけて。スポーツ選手だけではなく、何かで1流といわれている人ってカラダを鍛えている人は多いです。そういったマインドは日本よりも諸外国が多くて、例えば韓国なんていい例ですよね。健康診断が会社の内定試験であるとこもあります。つまり、太っていたり、コレステロールが高かったりすると入社できないんです(汗)まあ、日本にそんな制度が輸入されるかは疑問ですが、カラダは鍛えておけば何も悪いことがないということです。でも、間違った方法で鍛えてもカラダは変わらないので、トレーナとかがいれば良いでしょうね。しかし、一般人はそんなトレーナーを抱えることはできませんよね。だからHSMT法がいいんです。シンプルだから、誰も間違った方法で筋トレなんてできないんで(笑)

  • ▲ページの先頭へ

自動下書き

  • ▲ページの先頭へ

一回の筋トレ時間割切りの法則

  • よくジムで見かける光景、インターバルの合間にずっと話し込んでいる人。
    これ、結構筋トレ初心者じゃなくて、中級者以上の人に多い。
    こんな光景をみてしまうと、その日のテンションがガクッて下がります。

    「おしゃべりは筋トレ後にしろよ!」
    と心の中で叫びますが、もちろんそんな失礼なこと言えません(汗)


    僕が思うに、中級者以上の人は初心者のお手本にならないといけない訳ですよ。

    そのお手本がインターバル中に談笑してたらまずいでしょ。
    なぜなら、インターバルを短くとることは筋トレの基本。
    つまり、下記のような効果がある。

    ・筋トレをサクッと終わらすことができる
    ・筋トレを集中して行うことができる
    ・筋肥大の効果が高まる

    また、次にそのマシンで筋トレしたい人も待っている訳だから
    そんな人に悪いじゃないですか。
    何か用事があって急いでいるかもしれないし。

    だから皆さんはインターバルを短めにとって短時間集中型で
    筋トレを終わらせて下さい。

    また、長時間トレーニングを行うと筋肉の成長に必要なテストステロン
    というホルモンが減少してしまい、筋肉の成長が妨げられてしまいます。

    さらに長時間のトレーニングによりエネルギーが不足してくると、
    筋肉が分解されてエネルギーとして利用されてしまうのです。
    そして、集中力も切れてしまい効率的な筋トレを行うのも難しくなってしまいます。

    つまり、筋トレをダラダラ長く続けて良いことは何一つないってことです。

    「じゃあ、具体的にどれくらいで終わらせればベストなの?」

    の質問に対しては、僕ならこう答えます。

    「筋トレだけなら30分、有酸素入れれば
    1時間以内。」

    1つの種目を5分弱で終わらせれば可能ですよ。
    インターバル中に談笑している人は1つの種目を終わらせるのに
    30分かかっています。
    しかも、僕よりも筋肥大効果が全然低い(笑)

    だから皆さんも1つの種目に対して5分弱を目安にして下さい。
    まずは、ストップウォッチを持って行き試してみるといいです
    それで、何分でトレーニングを終わらせることができたか、メモしてください。

    僕は「強く逞しくなるための筋トレ」のところでも書きましたが
    ある特殊な筋トレ法を採用しています。
    そのおかげで、2ヶ月で体脂肪15%落とすことに成功しました。

    その方法についてはまた別の機会に説明したいと思いますが、
    でも、もしその前に知りたいという方は僕に直接メール下さい。
    ブログのTOP画面からメール送信フォームがありますのでそちらからどうぞ。

  • ▲ページの先頭へ