ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編 » ken

Home > Author Archive

本当に大丈夫ですか??僕は非常に心配です。

  • どうも、KENです。
    今日ジムに行こうとして自転車に乗ろうとして鍵を開けた時に気付きました。

    ・・・後輪がパンクしている(苦笑)

    そんな訳で自転車は諦めて電車で行ってきました。
    電車だと乗り換えが多いから、余計に遠くなってしまい使いたくないけどしょうがない。

    トホホッて感じでした。。

    さて、今日はそんな軽い不幸があったのですが、興味深いことを思いついたので
    シェアしたいと思います。

    今日の僕は自転車を諦めて電車でジムに行きました。
    でも、このほかにも選択肢があります。

    1.自転車を諦めて電車でジムに行く
    2.自転車のパンクを直してから、自転車でジムに行く
    3.ジムに行くのを諦める

    この3つが単純に考えてあるんじゃないでしょうか。

    まあ、僕は筋トレを教えているし、筋トレが生活の一部だから1か2を選択します。
    2の場合は時間が遅かったので、ジムの閉館時間に間に合わなくなるのでやめました。

    3番の選択肢は120%選択しないでしょう。

    そしてもしあなたが僕と同じ境遇だったらどうしますか?

    ・・・3番もあるんじゃないですか?

    もちろんジムに行くことより優先順位が高くてやりたいことがあればしょうがないです。
    でも、ここで3番のジムに行くのを諦めるを普通に選択してしまうのであればちょっとヤバイですね。

    まだひょっとして理想の体を本気で手に入れたいと思っていないかもしれません。

    昔、僕の友人でこんな人がいました。

    僕とその友人は夕方ジムに一緒に行こうと約束していました。
    そしてその時間が近づくと、彼からメールがありました。

    『悪ィい、友達に飲みに誘われちゃったから今日はキャンセルするわ。。』

    だから僕はその時に一人でジムに行ったのです。

    恐らくあなたはもうすでに気づいていると思います。

    ・・・僕の友人があまり筋トレに熱心ではなくて、理想の体はどーでもいいと思っていたことを。

    飲み会>筋トレ>理想の体

    うーん、これってどうなんでしょう?
    飲み会は確かに楽しいかもしれません。

    でもジムをキャンセルしてまででも行く価値のあるものでしょうか?
    少なくとも僕はそう思わなくては変ですよね。

    だって逆三角形でカッコいい理想の体を目指して、それを維持していきたいのだから。
    もしどうしても飲みに行きたいのなら、筋トレを終えてから合流すればいいじゃないですか。

    飲み会は楽しいけど、あなたにとって息抜きであり自分を高めるものではないです。
    だからどう考えても、自分を高めて、成長させるための筋トレを選択するべきですよ。

    そんな訳でここで3番を選択てしまうかもというのなら、サッカーで言えばイエローカードです。

    >今日の僕は自転車を諦めて電車でジムに行きました。
    >でも、このほかにも選択肢があります。

     1.自転車を諦めて電車でジムに行く
     2.自転車のパンクを直してから、自転車でジムに行く
    ○3.ジムに行くのを諦める

    また、ここで僕のもうひとつ変わったエピソードをご紹介します。

    僕は必ず120%筋トレ直後にプロテインを飲みます。

    そしてプロテインを忘れたのをジムで気付いた時がありました。
    その時に僕は普通に家に帰ってプロテインを取りに戻りましたよ。

    なぜなら僕は筋トレ直後にプロテインを飲まないと意味がないと完全に決めつけているからです。
    そしてそれは実際に飲んだ時と、飲まない時で実験して試した結果から立証されたものです。

    だから僕は必ず筋トレ後はプロテインを飲みます。

    僕が言いたいのは、やると決めたら中途半端な気持ちでやらないことです。
    絶対にやり遂げるまで妥協しないことです。

    プロテインの例はちょっと横に反れた例かもしれないけれど、自転車の話はまさにそうです。

    パンクしたぐらいでジムに行くのを諦めるのは本末転倒ですよ。
    もし諦めようと思ってしまうのなら、まだ理想の体になりたいという決意が低いです。

    まずはやるとしっかり決意しましょう。
    そして決意したらやり遂げるまで、誘惑を無視して真っ直ぐに進み続けましょう。

    理想の体になりたいのなら、それぐらいの気持ちは欲しいですね。
    でも根性論とは違うのでそこだけはご理解ください(笑)

    今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

信頼関係は世界を変える

  • どうも、KENです。
    最近は吉野家や松屋などの丼物系店舗で牛丼の価格がコモディティ化
    してしまっているようですね。

    そうなるとみそ汁がただでついてくる松屋が金額的に一歩有利か?
    でも味に関しては若干、吉野家が有利か??

    ・・・まあ、どちらでもいいんですけれどね(笑)

    さて、今日は信頼関係の重要性について書きたいと思います。

    僕がサラリーマン時代に経験した話から始めていきます。

    僕はパソコン周辺機器を取り扱う会社にいたことがあります。
    その当時は営業であちこち忙しく飛び回っていました。

    そしてその会社の一番忙しかった時期は3月です。
    だからこの時期は取引先各社から何もしないでも注文が入ります。

    そんな中なのに生産計画を誤ってしまい、在庫が希薄な状態が続きました。
    そうなると注文が入っても納期が切迫して困難になりトラブルになる事もあります。

    そして事件が起こりました。

    当時の僕は、あまりの在庫がない状態に額然としてしまい、若干心が折れていました。
    だから、お客さんに対して、

    ・・・ないものはないから、もう他から買って下さい。

    と心の奥底で思ってしまっていたようでした。

    これについては口ではもちろんお客さんに言わないし、そんな素振りも
    みせたつもりはありません。

    だから僕の話し方や表情からはお客さんに伝わらないだろうと思っていました。
    でもある程度信頼関係が出来ているお客さんは気付くんですよね。

    僕がもう他から買って下さいと思って投げやりになっているんじゃないかと。

    この気持ちは僕すら気付いていませんでした。
    僕ですらわからない気持ちを、他人がわかるなんて客観的に見れば変な話ですよね。

    かの有名な哲学者デカルトは言いました。

    我思うゆえに我あり

    これは、考えている自分がいるという事は、自分という人間は存在するといった、
    自分の存在を自分自身で証明する言葉です。

    そして今回のケースはお客さんが僕の考えを悟り、僕にそれを伝えて
    僕がそれに気付かされた。

    つまりお客さんが僕の存在(気持ち)を証明してしまったという逆の定義です。

    『売る気ないでしょ?』

    この一言を言われた時は本当にドキッとしましたね(苦笑)
    僕が僕の本音に始めて気付かされた瞬間です。

    信頼関係というのは作るのが難しいくせに、壊れるのは一瞬です。

    今回は在庫がないので他のメーカーを使って下さいと素直に言ってしまったら
    信頼関係が壊れて、今後は一切買ってくれなかったと思います。

    なぜならこのお客さんは、製品があがるまでデモ機を用意してくれたら
    それで対応するよとまで言ってくれました。

    そこまでして、他メーカーではなく僕から買った製品を使いたいと言って
    くれていたのです。

    それなのに僕はその気持ちを汲んでやることもせずに自暴自棄になっていた。
    つまり信頼関係を無視した軽はずみな行動にでようとしていた。

    今回のブログタイトルで信頼関係は世界を変えると言いました。

    これはみんなが普段から信頼関係を意識して、、

    誰かとしっかり信頼関係を作る事や壊さないことを意識して生きて行けば
    世界がより良い方向に変わるのではないか?

    と思ったからです。

    少なくとも今よりも争いごとは減るだろうし、住みやすい世の中になるはずです。

    そんな未来を目指していきたいですね。

    ・・・あなたはそう思いませんか??

    あなたがそう思っていると僕は信じています(笑)

    今日はここまでです。

  • ▲ページの先頭へ

深夜3時に郷ひろみがラーメンを食べたくなったら?

  • どうも、KENです。
    今日、東京駅で東海道線に乗ろうとしたらタンクトップ1枚の
    ロン毛の外人さんが電車から降りてきました。

    オーマイゴット!!

    やはり日本人とは体格だけでなく、体感温度の感覚も全然違うようです(笑)

    さて今日は肉体改造とは限定せずに、何かに成功してそれを維持し続けるためには?
    をトピックスに、哲学的な切り口から話していきます。

    あなたは郷ひろみを知っていますよね?

    ・・・そうです、ヒロミゴウです(笑)

    彼はもう57歳です。
    知っていましたか??

    でも彼は腹筋が6つに割れています。
    ぶっちゃけ僕が57歳になった時に6パックをキープしているかどうかわかりません。

    ひょっとしたら死んでいるかもしれないし(苦笑)

    まあ、そんな話はどうでもいいので郷ひろみの話に戻します、閑話休題。
    彼は筋トレはもちろんそうなのですが、健康管理や食事管理が徹底しているのです。

    ここで面白い逸話があります。

    郷ひろみが夜中におなかがすいて目を覚ましてしまった時の話です。
    その時に夕食をほとんど食べていなかったので、あまりの空腹に目が覚めました。

    そしてここからが彼のすごいところです。
    鏡の前に立つと、鏡に映っている自分に話しかけ始めました。

    ・・・お前は郷ひろみだろう?
       郷がこんな時間にラーメンを食べていいわけないだろう。

    ・・・お前は6パックの腹筋を維持しなくてはならないんだよ。

    と。。。

    自分自身に鏡を通して話しかけて、自己暗示をかける。
    そして話しかけられた自分は、その通りだと納得してしまう。

    日本でこんな奇抜で漫画のような暗示をかけている人は一体どれだけいるのだろう?

    まさにスピリチュアル、つまり自己啓発や精神世界といったマインドコントロールです。
    でもプロは涼しい顔して、ここまでやるんですよ。

    そして芸能界やプロスポーツ業界ではここまでやる人がゴロゴロいるそうです。
    そして彼らを僕らはこう呼びます。

    ・・・エンターティナー

    そうです。
    僕らも誰かから見て憧れの対象であるエンターティナーを目指してはどうでしょうか?

    例えば、あなたが2ヵ月間で肉体改造に成功すれば、

    ・・・まじかよ!!すごいなぁー

    と思う人はたくさんいるわけです。
    なぜなら多くの人が短期間での肉体改造に成功できないから。

    肉体改造もしかりビジネスも恋愛も、成功すればあなたが誰かからの憧れを生むのです。

    お笑い芸人だって、ただこいつ面白いなというだけではなく、僕らはどこか
    憧れの気持ちを持ってテレビやネットを通じて見ているのです。

    お笑い芸人になりたいという憧れではなく、こいつよくこんなことで俺を笑わせて
    気分を高揚させやがるなすげーじゃねーか、畜生。。みたいな感じです。

    もちろんこれは無意識のレベルで思うことなのでほとんど気付きません。

    今の時代、憧れるといったことが乏しい時代です。
    でも憧れる人の周りには好奇心旺盛な活き活きとした人がどんどん集まってきます。

    だからあなたの成功を憧れに昇華させて、自分自身がエンターティナーになって下さい。
    そうすれば、あなた自身も今よりさらに成長できて人間的にもグンと成長するでしょう。

    人生は死ぬまで日々成長です。
    肉体改造なんてそう考えると、長い人生の中で1mm程度の短い成長過程ってことですね。

    今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

筋トレ時の雄叫びはなぜ起こるのかを語りあかそう

  • どうも、KENです。
    今日はジムに行くと以前のメルマガでも紹介した65歳のおじいちゃんがいました。

    ↓前回の記事。。御年65歳のおじいちゃん筋トレ奮闘記

    http://officegreen.biz/books/%E3%81%A8%E3%81%A6%E3%82%82%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E8%A9%B1/1739

    そしてその方がダンベルをズラーっと並べてあるところの近くで、3kgのダンベルを
    使ってアームカールをしていました。

    そして、僕がダンベルロウをやるために25kgのダンベルをとった時に一言、、

    『よく、そんなの持てるね(笑)。。。』

    僕は苦笑いをしてその場を立ち去りましたが、そのおじいちゃんの筋トレは気合が
    とても入っていましたよ。

    何かの動作を始める前に、『よっしゃ!』と叫び、動作中にきつくなると

    『オリャーーーーー!』
    と雄叫びをあげていました。

    いやー、もう本当にすごいの一言ですね。

    ジムで『オリャー!』や、『ウォー!』と雄叫びをあげている人を見ると
    ひょっとしたらあなたはひいてしまうかもしれません。

    ・・・うーん、確かに以前の僕も引いていました(笑)

    でも今はどちらかというと引かれてしまうほうかもしれません。
    なぜなら、たまに雄叫びをあげてしまうから(苦笑)

    別に声を出そうなんて全く意識していないんですよね。
    でもここぞという時は自然と声が出てしまいます。

    うーん、なんでだろう??
    恐らく声が出てしまうのは感情表現の延長上の話なんですよね。

    試合などで誰かを応援していてる時に、その人が勝つと自然と声が出てしまいます。
    もちろん自分自身がプレーヤーの時もそれは同じことです。

    『ウォーーーーーッ!!』
    って声が出てしまいます。

    また悲しい時に大声をあげて泣いてしまう時もそうです。
    全部が感情表現の延長上なのです。

    でもその感情を大声を出して体全体で表現するって素晴らしいことじゃないですか?
    それが格好つけずに生きているってことです。

    普通の日常生活を淡淡と過ごしていると感情を表現する場がなかなかないです。
    だから最近では芸能人や一部の人以外、感情表現豊かな人って減ってしまった気がします。

    確かに面白いものをみればププッて笑いますが、大声で気の向くままに
    顎が外れるくらい笑う機会が少なくなっています。

    ・・・もちろんそれは僕も含まれます(苦笑)

    これはどうしてかと考えるとやはり笑いのトリガーを何かが邪魔しているのではないかな?
    例えば、仕事のストレスだったり将来的不安などのネガティブ要素です。

    ここ数年では震災をはじめ暗いニュースが多かったです。
    最近でも明るいニュースというよりはむしろ殺人だ、強盗だといったニュースが先行します。

    最近ではグアムかサイパンで秋葉事件の再来がありましたよね。
    本当に当事者の頭の中が理解できません。

    なんで会ったこともない人を殺すことができるのか?
    その殺された家族が今後どういう思いで生きていくのを考えたことがあるのか?

    恐らくそんなこと考えていないと思いますが頭のネジがブッ飛んでいるとしか思えません。

    なんだか話が横にずれてしまいましたね、閑話休題。

    今日僕が言いたいことは、僕を含めてだけどもっと感情表現を豊かにする訓練をしましょうということです。

    みんながみんな覇気がないとそれが周りに伝染します。
    だからもっともっと感情をあらわに出していきましょう。

    普段おとなしい人が飲み会の場になると人が変わってテンションが高い人がいます。
    それくらいのテンションでいいかもしれません。

    だから普段からビールはカバンに入れておきましょう(笑)

    というのは冗談ですが、飲み会くらいのテンションを日常生活にしましょう。
    これを僕は今年のテーマとして掲げていきたいと思います。

    肉体改造に成功すれば自分に自信がつくから、自ずとテンションは上がるけどそれ以上に
    テンションをあげていきましょう。

    特に好きなことをやるとやはりテンションがあがり、感情表現が豊かになります。

    僕が行くジムにいるおじいちゃんは65歳だけど筋トレが好きってことですよね。
    だから雄叫びをあげるまでトレーニングするわけです。

    ひょっとしたらあなたも数ヵ月後には雄叫びをあげているかもしれませんよ。
    ・・・オリャーーッ!

    てね(笑)

    今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

    http://officegreen.biz/category/profile

  • ▲ページの先頭へ

テレビを見る>肉体改造する

  • どうも、KENです。
    今日は雪が降り、死ぬほど寒かったですね。

    ・・・まだ現在進行形ですけれど(笑)
    これ以上寒くなると外に出ることが嫌いになりそうなので、寒さは程々を期待しています。

    さて、今日はTwitterで筋トレ上級者の方と話していたトピックスをシェアします。

    そのトピックスとは、メタボな人に筋トレノウハウを教えても、なかなか実践して
    くれない人が中にはいるといった話です。

    僕らは筋トレのやり方やアドバイスを聞かれたら、もちろん適切な返答で答えます。

    でも彼らの一部は、僕らから聞いてもその通りに実践してくれないのです。
    一番最悪なのは、聞いたとおりにやらないを通り越して、何も実践しないのです。

    これって実は本当によくある話なんですよ。

    そしてそんな人に限ってトレーニングをする環境は揃っていたりします。
    例えば、ジムにすぐにでも行ける環境だったり、ダンベルを持っていたり・・・などなど。

    それなのにどうして肉体改造を始めてくれないのか?

    ・・・面倒くさかったり、誘惑に負けてしまうからです。

    しかしこれに関しては僕はどうすることもできません。
    なぜなら、実際に行動して肉体改造にチャレンジするのはメタボで悩んでいる人だからです。

    だから僕は、理想の体を手に入れたらまだ体験したことがない、素敵な未来が待ってますよ
    としか伝えることができません。

    確かに人生を生きていると、肉体改造より魅力的なことはたくさんあるのはわかります。
    つまり、それは楽で面白いもの。

    テレビを見ることや彼女とデートすること、飲みに行くことなど、挙げたらきりがありませんが
    それらが客観的に見て肉体改造より楽しいことは事実です。

    だからトレーニングを始めるぞ!と思っても、そんな日常生活の誘惑に負けてしまうのです。

    僕はそんな人達を今までたくさん見てきているので非常にその気持ちがわかります。
    でも、その誘惑に負けてしまうことは非常に不毛なことなのです。

    何の進歩も成果得られないから、あなたにとってプラスになりません。
    その時は楽しいけれど、後になっても何にも残らないのです。

    それなら数か月間、楽しいことや誘惑を横に置いておいて肉体改造してみたらどうですか?

    始めてみれば全然難しいことではないし、慣れてしまえば歯を磨くのと同じような感じです。
    そんな簡単なことなのに、多くの人は辛い、苦しい、面倒くさいと誤認識しているのです。

    ちょっとやそっとぐらい辛いと感じたり、苦しいと感じることがあるかもしれません。
    またテレビを見ていることと比べてしまうと、面倒くさいかもしれません。

    でも、あなたが思っているほど高く険しい壁では全然ないですよ。

    自分がなりたい理想のカラダをイメージすることができれば、跳び箱の5段を飛ぶ感覚です。

    跳び箱の5段ぐらいなら小学生でも飛べますよね?
    それならあなたが飛べない訳あるはずないじゃないですか?

    だから肩の力を抜いて肉体改造にチャレンジしてみて下さい。
    理想の体を手に入れたという結果は、あなたの人生において全てにも勝る満足となりますよ。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

筋トレで理想の体を創造するための最新情報

  • どうも、KENです。
    今日は久しぶりに横浜のスタバでまったりしようとしたら人人人・・で入れませんでした。
    なんじゃあ~この満員ぷりは。。。と思いつつ愚痴をこぼしながら隣のドトールに入りました。

    ・・・チャンチャン!終了です、特にオチはありません。

    さて、気を取り直して今日も話していきたいと思います(苦笑)
    まず始めにどうしてあなたは筋トレをしているのですか?

    ・・・

    暇つぶしですか?
    ドMだからですか?
    それとも逆三角形のカラダが欲しいからですか?

    もちろん僕は逆三角形のカラダが欲しいからと答えて欲しいです。
    でも最近ジムを見回していると、どうもそうとは思えない人が非常に多いのです。

    筋トレもインターバルもダラダラやっている人が僕の視界にポンポン飛び込んできます。
    だからといってあなたがそうであるとは僕は1mmも思っていません。

    なぜなら僕のブログを読んでくれている人は志が高い人だと信じているからです。
    がむしゃらに理想のカラダを求めて筋トレしているはずですよね。

    僕の思う筋トレをやる定義は、筋トレをして肉体改造することにより、明るく楽しい
    未来が待っているということです。

    その明るい未来とは、健康面の向上だったり、モテる男になるだったり、自分に自信が
    持てるようになったりと各々求めている未来は違います。

    そんな未来が待っていて、実際にそれが現実になると信じているから筋トレをするのです。

    筋トレをすることによって得られる未来が絶望なら誰ひとり筋トレなどしないはずです。

    でも最近は絶望とまでは言わないけれど、特に明るい未来を期待しないで惰性で筋トレを
    している人が多いと感じます。

    例えば、あなたが車好きだとしてフェラーリが欲しいなと思ったとします。
    それはどうして欲しいと思うのですか?

    ・・・

    ただフェラーリを運転したいからですか??

    違いますよね。
    フェラーリに乗っている自分を想像して、そこに投影されている自分がカッコよく映り
    ものすごく大きな自己満足を得られると思うからフェラーリを買うのです。

    運転したいだけなら試乗車に乗らせてもらえば済む話ですよ。

    やはりフェラーリがもたらしてくれる、自分にとって明るく楽しそうな未来があるから
    高いお金を払って買うのです。

    これは筋トレも同じこと。

    肉体改造に成功できる人は、自分にとって明るく楽しい未来を期待して、それを実現させたい
    と本音で思っているから挫折しないで成功できるのです。

    だからまずは肉体改造に成功したいと本気で思うなら自分の描きたい未来をしっかりと
    想像して思い描いて下さい。

    筋トレはそんな理想の未来のために、自分のカラダを創造していく作業です。

    そして実現させたい未来が具体的であればあるほど、あなたのモチベーションは下がりません。
    今の納得がいかない体から、理想の体へと劇的な速さで変貌を遂げていくでしょう。

    創造とは新しいものを作り出すことです。
    あなたも新しい体、つまり理想の体を作り出して下さい。

    根性論ではなくて、効果性が高い筋トレをすれば理想の体を創造することは超余裕ですよ。

    今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

筋肉痛の知ってるようで知らない話

  • どうも、KENです。
    ここ2週間くらい週3回の筋トレを続けていますが手応えはバッチリです。

    カラダが若干大きくなったような気がします。
    やはり週2回よりも3回のトレーニングの方が効果は大きいですね。

    今週は週3回できるかどうかわからないけれど、時間が許す限りトライしてみます(笑)

    さて今日は筋肉痛の話をします。

    実は最近、脚をたまにマシンを使って鍛えているのですが筋肉痛がひどいです。
    レッグプレスなどの基本的なマシンを使うのですが、やった直後はまともに歩けません。

    ・・・そして筋肉痛が3日位続くのです。

    1番痛かった日はまともに歩くことができずに、びっこをひきながら歩いていました(苦笑)
    つまり超回復期間の48~72時間で回復しなかったってことです。

    こんなことは僕に至っては上半身ではまずありえません。
    筋肉痛になっても1日、もしくは2日おけば完全に治ります。

    下半身は僕にとってはおそらくウィークポイントなのでしょう。
    ダイエットをしていた頃から徹底的に上半身に的を絞ってトレーニングしていました。

    元々僕は下半身に関しては気にするほど脂肪がついていなかったのです。
    メタボの頃も比較的、他の人よりは脂肪量が少なかったのです。

    だから上半身を超徹底的に鍛えに鍛えました。
    その結果2ヶ月で逆三角形の理想のカラダを手に入れることができたわけです。

    その当時の、上半身における筋肉痛の頻度や強度は忘れてしまいまいたが、恐らく今よりも
    筋肉痛を引きずっていたと思います。

    つまり今の、僕の下半身と同じ状態、もしくはそれよりひどい状態です。

    筋肉痛の状態のまま筋トレをやってもいいのか??

    とよく読者さんから聞かれるのですが、僕の答えは『ハイ』です。

    但し、超回復期間の48~72時間を経過した時のみの話です。
    この期間以内で、同じ部所の筋トレをすることはもちろんNGです。

    今日は脚の筋肉痛が若干とれきれていなかったけど、レッグプレスをかましてやりました(笑)
    その結果、またやった直後はフラフラで倒れそうになりました。

    でもやるならこれぐらい徹底的にやるべきなんですよ。
    徹底さを重視するために、僕は1つの種目に対しては目標時間を5分以内と言っているのです。

    そしてインターバルは30秒~1分以内です。

    それぐらいならどんな筋トレ初心者さんでも、十分にモチベーションも続きます。

    その時のトレーニングに完全燃焼したせいで、次の日に筋肉痛になったらそれはそれで
    しょうがないと考えるべきですよ。

    何もしなかったり、筋肉に刺激が入っていなかったら筋肉痛にはならないのですから。
    だから筋肉痛になったら『ニヤッ』とするくらいがちょうどいいんじゃないですか(笑)

    それって昨日の自分が頑張った証ですよ。

    それでは今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

ボディビルダーのトレーニングをするべきか否か?

  • どうも、KENです。
    今日は久しぶりにダンブルプレスをMAXの28kgでやりました。

    いつもはベンチプレスを先にやるためにMAXではできないんですが
    今日はベンチプレスが混んでいたから諦めました(笑)

    昔を思い返すと10kgしかできなかったダンベルプレスが今は約30kg・・・
    やはり『継続は力なり』というところでしょうか。

    かっこよくまとめましたが、筋トレは週に数回しかやっていませんけどね(笑)

    さて今日は僕がジムに行きロッカーで着替えていると顔見知りのビルダーらしき
    人が着替えをしていたので

    ・・・あーこの人といると若干緊張するんだよなー
    と思いながらジムの中へ入りました。

    でもいくらたっても中に入ってこないので、フロントをたまたま覗き込むと
    帰る格好をして帰路についていました。

    なぜか、心の中でほっとしながらトレーニングを続けたのですが
    どうして僕が緊張すると思ったかわかりますか?

    ・・・まあ、恐らくこれは僕だけではなくフリーウエイトをしている人全員が
    思うことなのですが、なぜだか気を使ってしまうのです。

    トレーニングは個人個人がその目的に合わしてやることなので、最低限のマナーを
    守っていれば誰かに気を使う必要はないし、やりたいようにやればいいです。

    でもプロの人と場を共有するとなんだかそうは言ってられないんですよね。

    プロの人のトレーニングを見たことがある人は知っていると思いますが、
    僕から見てもその量とハードさは常軌を逸しています。

    やっぱこんだけやらないと、あの鍛え抜かれたゴリマッチョにはならないんだなと
    常常思ってしまいます。

    しかし僕は別にゴリマッチョを目指しているわけではありません。
    逆三角形で機能的な体を維持して、それをアップデートして作って行きたいのです。

    だからそれを維持してアップデートするための筋トレを週に数回行っています。
    そしてそれは全然苦痛は伴わないし、時間も30分くらいです。

    今日はジムで大家族10人物語というテレビが面白かったので、少しダラダラやって
    しまい1時間以上かかってしまいました(笑)

    あの野球のイチローは言いました。
    ・・・小さいことの積み重ねがとんでもないとこにいくための唯一の道です。

    ビルダーは毎日毎日、日々のトレーニングを積み重ねて、やっとあの強靭な肉体を
    作って維持しているのです。

    でも僕らはそこまでする必要はないんですよ。

    僕らの目的はビルダーのようなゴリマッチョになることではありません。
    健康を維持できて、逆三角形で機能的なスポーツ選手のようなカラダになることです。

    そして要領良くトレーニングをすれば普通の人がすげーなと思えるような逆三角形の
    体ぐらいは簡単に作れるのです。

    だからもっと肩の力を抜いて日々のトレーニングに励んで下さい。
    間違っても、ボディビルダーがやっているトレーニングを真似してはいけませんよ(笑)

    今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

筋トレ初心者さんが陥りやすい魔のループ現象

  • どうも、KENです。
    今日は久しぶりに脚をマシンで鍛えたのでガクガクになりました。
    たかが3分弱の筋トレでよろめいてしまい階段から落ちそうになりました(笑)

    だからあなたも鍛え過ぎには注意して下さい。
    階段から落ちて大怪我でもしてしまったら元も子もないですからね。

    さて今日は僕がジムに来ている人を見て思ったことを話します。

    ジムに来ている人って体型が様々です。

    マッチョな人もいれば、普通の人、そしてメタボな人と十人十色です。
    そしてやはり見ていると普通の人が多いようです。

    この普通の人はお腹がぽっこりとしている人も普通とします。
    メタボは誰がどう見てもメタボな人です。

    そして逆にマッチョな人はどうかというと、逆三角系の体の人はたまにいます。
    でもヤバイ系のムキムキほほとんどいません。

    ちなみに僕はムキムキではなく逆三角形の体にカテゴライズされます。
    別にヤバイ程筋肉が欲しいと思わないし、最低限のカッコいい体でいいと考えています。

    恐らくあなたも僕と同じでヤバイ系のムキムキを目指していないはずです。
    つまり僕と同じような体、逆三角系でウットリしてしまう体が欲しいですよね?

    『それならやはりそれになるための筋トレをしないといけないですね。』

    今日僕が見ている限りでは、普通体型の人はマシンの重量もなんとなく決めて
    なんとなく効いているかわからない筋トレを繰り返しやっていました。

    なんとなく決めた重さを10回×数セットやって、『フーッ』と息をついて終了。。
    隣のマシンでもその繰り返しです。

    そして一通りやったら、体重と体脂肪率を測ってあまり変化のない数値に首を傾げて
    ロッカールームに消えていく・・・

    ・・・これが僕がジムでよく見かける光景です。

    でもこんなルーチンワークな筋トレで肉体改造できると思いますか?
    多分あなたを含めて多くの人は思っていません。

    要するに肉体改造をすることが目的ではなくて、その日にジムに行き筋トレをすることが
    目的となってしまっているのです。

    この悪循環にハマってしまうと永久ループで戻れなくなるかもしれませんよ。

    だから心当たりある人は、鍛えてそうな人がどんなトレーニングをどんなペースで
    やっているかを見て、自分のトレーニングと比較してみて下さい。

    逆三角系のかっこいいカラダをしている人のトレーニングと普通の駄目なトレーニングは
    明らかに違います。

    そしてあなたが肉体改造をしたいのならカラダの変わる筋トレをしなくては駄目です。

    カラダの変わる筋トレは、その他大勢の筋トレ初心者さんがなんとなくやっている
    トレーニングではないことをしっかりと認識してくださいね。

    今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ

腰に対する目から鱗の法則

  • どうも、KENです。
    最近髪が伸びすぎて眼鏡をかけると、匿名係長 只野仁のBeforeみたいです(笑)

    さて最近腰周りが凝っていると感じている人はいませんか?
    僕は猛烈に固くなっているので、そろそろ何か対策を考えています。

    そこで僕なりに調べてみたところ、腹筋を鍛えることがいいみたいです。
    またコアリズムもいいとですね。

    コアリズムを知っいますか?
    5~6年前に一世を風靡した腰を回したりするエクササイズです。

    結構実践した人も多いのではないでしょうか?

    これを有酸素運動の代わりにやってみると効果がかなり出ますから
    気になる人は今度試してみて下さい。

    そしてコアリズムをすることは腹筋を鍛えることにも繋がっています。

    腹筋が弱いとその後ろにある腰に負担がかかってしまいます。
    そうするとバランスが保てずに、徐々にダメージが蓄積してしまい
    最後には深刻な腰の病気になってしまうのです。

    だから太っていて、腹筋が弱くて運動をしていない人がいきなり激しい
    運動をしてしまうと腰を痛めてしまう可能性があります。

    腰については『腰が重い』『腰を折る』『腰が抜ける』などのことわざがあります。
    そして腰が重いについては、なかなか動こうとせずにそこに留まる様を指します。

    腰が重いと本当に全く良いことがありません。
    それは仕事面、恋愛面、健康面、生活面全てにおいてです。

    腰が重い、つまり行動を起こすのが遅いということです。
    仕事でも恋愛でもライバルに本命を持っていかれてしまうでしょう。

    そして健康面や生活面では病気にかかってもすぐに治療を受けなかったことにより、
    1ヶ月で治る病気も2か月、3か月、下手したら半年かかってしまいます。

    人生は後悔の連続であるといっても、できれば後悔はしたくはないですよね。

    だから僕らは後悔をしないようにするために、腰を常に正常な状態のまま維持して
    いつでもどこでも興味のあることに対応できる体を維持することが必要なのです。

    そのためにもあなたの腰に常に気を使って大事にしてあげてください。
    腰を大事にすることはあなたの行動力に直結するでしょう。

    そんな訳で腰の手入れはしっかりと行って下さいね。
    まずは腹筋を始めることが一番手軽です。

    それでは今日はここまでです。

    肉体改造請負人@KENのプロフィールはこちら

  • ▲ページの先頭へ