ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » プロレスラーから学ぶ面白食事管理と栄養の深い話

プロレスラーから学ぶ面白食事管理と栄養の深い話

  • こんばんわ、KENです。
    昨日は『ブルーバレンタイン』という映画を見ました。
    この映画はカップルには見せたくない映画として有名だそうです。
    そして僕が見た感想は、また別記事でブログにUPしたいと思います。

    さて、昨日の夜YouTubeでプロレスを見てたのですが、最近のレスラーって
    一昔前のレスラーと比べるといいカラダしてませんか?


    つまり、昔のプロレスラーってなんとなくカラダは大きいけれど脂肪も結構ついている
    といった感じだけど、最近のレスラーは腹筋割れてる人とかいますよね。


    例えば、新日本プロレスの棚橋弘至とか、中邑真輔選手とか・・・
    あっ、もしわからないのならグッグッて見てくださいね。
    (グッグッてとはGoogleで検索するということです(笑)



    そして、この体型の変化は食事による栄養管理からきているものだそうです。
    ちょっと気になってしまったので、グッグッて調べてみました。

    つまり、最近のプロレスラーはただ何でも食べると言うわけ訳ではなく
    しっかりと脂肪分を抑えたり、たんぱく質の高い鶏肉などを中心に食べているのです。

    要するに暴飲暴食をしないで、食事の切り分けをしているのです。


    また、これを象徴する例があるのですが、彼らがファミレスに行き
    ドリンクバーを頼んだときにコーラがあると、カロリーゼロのダイエットコーラは
    ないのかを店員に聞くそうです。

    あんな大きなカラダをした人が、ダイエットコーラがいいなんて言うのは
    とても驚きじゃないすか?

    でも、それぐらい徹底して栄養管理をしてるから最近流行のプロレスラー版の
    超たくましい逆三角形ボディーを維持できるんですね。


    まあ、ぶっちゃけ僕もコーラーはあまり飲みません。
    つまりダイエットコーラかダイエットペプシもしくはダイエットサイダーです。
    もうこれが習慣となってしまい、普通の濃いコーラに違和感を感じてしまいます。

    ちなみに今もダイエットサイダー飲みながらメルマガ書いています(笑)

    だから、栄養管理ってこれら簡単なことから始めてみればいいんですよ。
    例えば、今回のコーラだったり、シーチキンをノンオイルにしてみたり、揚げ物の
    頻度を少し減らすとか・・・


    最初からいきなり揚げ物や甘いものは一切食べないとかにしてしまうと
    誰だって続かずに挫折してしまうのですよ。
    極端にやらずに、できそうなことから少しづつ始めてみましょう。

    僕の好きな言葉で、
    『少しでもやることは、何もやらないよりましだ。』というのがあります。


    結局続かずに挫折してしまうことは、長い目で見ると何もしないことと同じです。
    それなら、少しでもいいから続けていきましょうって話です。


    今日はこんなところで失礼しますね。

    PS

    僕はほぼ毎日ツイッターで肉体改造に対して、ためになるつまり、
    興味深そうなことを呟いています。

    だから僕のツイッターをぜひ参考にしてみて下さい。

    ツイッターはコチラ

    また、ブログでとりあげて欲しいトピックスがあれば呟いて下さい。
    それを次回以降のブログの話題として反映させますよ。

    そして呟いてくれたそのお礼に「肉体改造解体新書~特別編」
    アップロード版を差し上げます。




    これは前後編120ページ以上あるレポートの番外版みたいなもので
    最近ではもう無料メール講座でも配っていません。

    つまり、僕のツイッターに呟いてくれた人のみの特典となります。

    その請求は下記フォームから申請して下さいね。
    「呟きました。」の一言でOKです。

    メールはこちら

    それではたくさんの呟き依頼待ってますね(笑)

  • コメント / トラックバック2件

    1. ken より:

      太田さんコメントありがとうございます。何かダイエット的な事はしていますか?まだ特にしていないなら、まずは毎日より多く歩くことから始めてください。

    2. 太田晴子(旧姓) より:

      体脂肪35%~40%近くをいったりきたりしています!! 下半身デブです。あ!!腕も超太いです。

    コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ