ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 『食わず嫌い』って本当に損しているからやめましょうよ。

『食わず嫌い』って本当に損しているからやめましょうよ。

  • こんにちわ、KENです。
    今日は三連休のど真ん中ですね。
    皆さんはいかがお過ごしですか?

    さて、今日はちょっと興味深い話をしていきますね。
    前回のメルマガでも話ましたが、僕の友人が最近フラットベンチとダンベルを
    ネットで購入しました。

    しかし、以前の彼はジムに通っていましたがダンベル運動は一切やりませんでした。
    つまりジムにおいてあるラットプルダウンやチェストプレスなどのマシンのみで
    トレーニングしていたのです。

    なぜならば、ダンベル運動は彼にとっては敷居が高いと思っていたからです。
    でも僕がダンベル運動のやり方を教えたら、その次の日にはダンベルを
    購入してしまいました。

    例えば、食べ物を例にすると『食わず嫌い』という言葉が
    あります。

    この意味としては、特定の料理や食材を、視覚・嗅覚・触覚(または聴覚)
    といった、味覚以外の感覚を通して得た情報を元にネガティブな判断を下してまうこと。

    つまり食べる前から美味しくないと判断してしまい結局食べないことです。
    でも、食べてみたら美味しいと判断する可能性もあるにも関わらずです。

    そして、今回僕の友人はこの『食わず嫌い』と全く同じ事をしました。
    要するに自分にはダンベル運動は向いていないと、なぜだかずーっと思っていた。

    でも、いざ試してみると『あれ、面白いじゃん?!筋肉にもガンガン効いてるし・・』
    と思うようになり、ジムでダンベルトレーニングを始めたのはもちろんのこと
    ネットで自宅用にもダンベルセットを買ってしまいました。

    これはほんの一例ですが、生活しているとこういった『食わず嫌い』の
    例のようなことってたくさんあるんですよね。

    だから、僕はどこか同じレストランに行っても、例えお気に入りのメニューが
    あってもそれを選ばないで食べたことのないメニューを選ぶようにしています。
    そうすることにより新しい発見があるかもしれませんから。

    また何をするにも先入観を捨てて行動をするようにしています。

    なぜなら人間は何かの物事に対してマイナスの先入観があると
    絶対行動しないからです。

    これはダイエットや筋トレは『ツライ』、『効果がなかなかでない』
    と思うと行動しないことの典型的な例です。

    だから、マイナスの先入観を持ってしまうことはその人の行動範囲を
    ものすごく狭めてしまうので良くないです。

    そんな理由から僕は、何事においてもマイナスの先入観は持たないように
    することをオススメします。

    PS

    僕はほぼ毎日ツイッターで肉体改造に対して、ためになるつまり、
    興味深そうなことを呟いています。

    だから僕のツイッターをぜひ参考にしてみて下さい。

    ツイッターはこちら

    また、ブログでとりあげて欲しいトピックスがあれば呟いて下さい。
    それを次回以降のブログの話題として反映させますよ。

    そして呟いてくれたそのお礼に「肉体改造解体新書~特別編」
    アップロード版を差し上げます。

    これは前後編120ページ以上あるレポートの番外版みたいなもので
    最近ではもう無料メール講座でも配っていません。

    つまり、僕のツイッターに呟いてくれた人のみの特典となります。

    その請求は下記フォームから申請して下さいね。
    「呟きました。」の一言でOKです。

    メールはこちら

    それではたくさんの呟き依頼待ってますね(笑)

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ