ダイエットしたいなら筋トレを極めろ!肉体改造解体新書~ブログ編» Blog Archive » 今話題のサーキットトレーニングってどうなの??

今話題のサーキットトレーニングってどうなの??

  • こんばんわ、KENです。
    今日はせっかくの七夕なのに雨になってしまいましたね。
    僕は毎年平塚で開催される七夕祭りに行っていましたが、今年はこんな天気なので
    見送ることにしました。

    だから連続参加が7年で止まってしまいました(悲)
    でも、来年はまた行って連続参加10年を目指したいと思います。

    さて、今日はサーキットトレーニングについて話そうと思います。

    『ところで皆さんはサーキットトレーニングを知っていますか?』

    恐らく知らない人もいると思うので簡単に説明しましょう。

    簡単に言えば有酸素運動・筋肉トレーニング・ストレッチの3つをバランスよく
    組み合わせて脂肪燃焼効果を高めようというものです。

    さらに噛み砕いて説明すると「有酸素運動○秒」+「無酸素運動○秒」を
    休憩を挟まないで繰り返し行ないます。

    そして、それを自分の体力に応じてセット数を決めて行ないます。
    だから体力のない女性や高齢者もできる運動なのです。

    ちなみにこのトレーニングはイギリスのモーガン氏(R.E.Morgan)と
    アダムソン氏(G.T.Adamson)という教授が考案したもので、ここ数年で
    日本でも人気がでているようです。

    それでは、僕からのこのサーキットトレーニングの考察はこんな感じです。

    《メリット》

    ・場所を選ばずにどこでもできる(腕立てなどの自重トレをする場合)I
    ・女性のような体力のない人でも手軽に始められる
    ・メニューは自分にあったものでカスタマイズできるので便利

    以上が僕が考えるメリットです、そしてデメリットはこうです。

    《デメリット》

    ・筋肥大が目的ならやる意味がなさそう
    ・休憩(インターバル)をとらないで行なうためにツライと感じる人も出てくる
    ・じわじわとしか効果がでないからあきやすい

    僕はこのサーキットトレーニングは女性に向いているのかなと考えます。
    なぜなら、コンセプトが激しい運動をしないで比較的軽い運動を休憩をとらずに
    長時間おこなうというものだからです。

    軽い運動がメインなのだから、筋肥大はしにくいですよね。
    たとえば、ある程度筋肉質なんだけど、脂肪もついてしまっている人なら
    この運動を行なえば筋肉をキープしながら脂肪のみを落とせるかもしれません。

    一方で、筋肉がまだあまりないのにサーキットトレーニングを行なってしまうと
    脂肪は落ちるかもしれませんが、筋肉はあまりつきません。

    だから、逆三角形のたくましいカラダを目指している人にはオススメしたくないですね。

    しかし、筋肉をあまりつけたくない女性には打ってつけのトレーニングです。

    でも僕のような逆三角形のカラダを目指している人には向きません。
    やはり筋肉に強い刺激を与えて、栄養をとりながら短期間で筋肥大を狙うのが
    ベストです。

    以上が僕のサーキットトレーニングに対する考察でした。

    PS

    僕はほぼ毎日ツイッターで肉体改造に対して、ためになる、つまりみんなが知りたい
    興味深そうなことを呟いています。

    だから僕のツイッターをぜひ参考にしてみて下さい。

    僕のツイッターはコチラ。。

    また、ブログでとりあげて欲しいトピックスがあれば呟いて下さい。
    それを次回以降のブログの話題として反映させますよ。

    そして呟いてくれたそのお礼に「肉体改造解体新書~特別編」
    アップロード版を差し上げます。

    これは前後編120ページ以上あるレポートの番外版みたいなもので
    最近ではもう無料メール講座でも配っていません。

    つまり、僕のツイッターに呟いてくれた人のみの特典となります。

    『ブログでとりあげて欲しい内容を呟くだけでプレゼントがもらえるなんてメチャクチャお得じゃないですか?』

    そしてそのプレゼント請求は下記フォームから申請して下さいね。

    「呟きました。」の一言でOKです。

    メールはこちら

    それではたくさんの呟き依頼待ってますね(笑)

  • コメントをどうぞ

  • ▲ページの先頭へ